食べ物 栄養 効能
     
美容

ニキビケア・吹き出物 予防

ニキビや吹き出物は、皮脂の分泌が多すぎて、毛穴が詰まるためにできます。大切なのは、できてからのケアよりも予防です。こまめに洗顔して清潔を保つこと、皮脂を増やしすぎない食事を心がけましょう。
刺激物や脂肪の多い食品をとりすぎない脂肪の多い食べ物は、皮脂の分泌を過剰にし、毛穴を詰まらせる原関になります。糖質も、とりすぎると体内で脂肪に変わるので要注意です。ニキビや吹き出物のできやすい人は、チョコレートやケーキ、ナッツ類、アルコールをとりすぎないようにしましょう。
食事では、揚げ物や脂身の多い肉、チーズやバターをたくさん使った料埋などのメニューが重ならないようにします。 刺激の強いものも、吹き出物を治りにくくします。コーヒーやココアも控えめにしましょう。
睡眠不足やイライラによって、胃腸の働きが乱されることも、肌のトラブルの原因になります。気分転換やリラックスできる時間をつくるなど、ストレスをためないことも人切です。
お通じをよくする食物繊維をたっぷりとって、おなかをきれいに 胃腸のトラブルを防ぐことも、肌の健康のポイントです。便秘がちの人は、吹き出物などの肌のトラブルも起こりやすいものです。野菜や穀物をきちんと食べて、食物繊維をとり、便秘を解消しましょう。食事には野菜のおかず2品を必ず加えるようにし、きのこ類やいも類もとるようにすれば埋想的です。
野菜では、ごぼうなどの根菜や、キャベツなど加熱にょってカサが減って食べやすい野菜がおすすめです。どちらも食物繊維が豊富です。キャベツに含まれるビタミンUは、荒れた胃を修復する効果のあるビタミンです。 おやつには、脂肪分の多い甘いお菓子より、バナナ、りんご、キウイフルーツ、いちじくなど、食物繊維の豊富な果物を食べましょう。

キャベツたっぷり料理  胃にも優しく食物繊維も豊富
サツと炒めサラダ 食べやすく切ったキャベツとハム、お湯でもどしたはるさめを手早く炒めて、塩・こしょう、かき油で調味し、最後に酢をカロえて火を止める。
固形スープの素を利用して、キャベツをサ煮込むだけ。煮汁に溶け出たビタミンCもしよにとれる。ベーコンなどを合わせると−プの風味が増しておいしい。

優秀なおながの掃除屋さん、いちじくともつと仲よく
いちじくは、たんばく質分解酵素や水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含み、漢方では1日3個食べれば便秘が治るといわれるほど、おなかの掃除効果抜群の果物です。 皮をむいて、そのまま生で食べるほか、ワインで煮てデザートにしたり、くし型に切ったいちじくにベーコンか生ハムを巻き、サツとソテーしてもおいしいものです。
また、最近では干しいちじくもよく見かけるようになりました。そのまま食べても、噛みこたえのあるおやつになりますが、ヨーロッパでは、干しいちじくなどのドライフルーツと木の実をいっしょに食べるとヌガーの味がするといわれているのだとか。

その他 美容 食べ物



 
 
   
  ニキビ