食べ物 栄養 効能
     
美容

紫外線から肌を守るためには

紫外線は、口焼けやシミ、ソバカス、乾燥によるかさつきやシワなど、いろいろな肌のトラブルの原因になります。こうしたトラブルは、夏の強い陽射しだけではなく、毎日の通勤や家事でのわずかなR焼けが積み重なることでも起こります。紫外線をカットする化粧品や帽子、日傘、服装などでガードし、食生活でも予防対策をとりましょう。

日焼けから肌を守るためにはビタミンCをたっぷりとる

紫外線対策としてとりたい栄養素の筆頭は、口焼けやシミの原図であるメラニン色素の沈着を抑制する、ビタミンCです。紫外線の増える春から夏には、オレンジなどの果物や、野菜のメニューで、ふだんよりもたくさんとるように心がけましょう。 また、肌の保湿に効果のあるDHAも大切です。あじ、いわし、うなぎなどを積極的に食べましょう。 血行をよくするビタミンEは、ごまなどに多く含まれます。青菜のごまあえや、あしなどの魚にごまをまふして焼いたりすれば、たくさん食べることができます。ただし、ごまは、粒のままではせっかくの栄養もあまり吸収されませんから、すって使いましょう。

老化を進める活性酸素に負けないように抗酸化栄養素をとる

紫外線には、皮膚細胞の活性酸素を増やす作用もあります。活性酸素は、細胞を酸化させて動脈硬化を起こしたり、細胞膜を傷つけて発がん物質の侵入を招きます。 皮膚細胞の活性酸素は、肌の弾力を失わせ、シワやかさつき、たるみ、シミなどを促進させます。 老化は自然な現象ですが、活性酸素が増えると、老化が早まり、年齢よりも老けて見えたりもします。老化のペースを遅くするためにも、活性酸素を除去する働きのある食品を食べましょう。 抗酸化ビタミンといわれるA、C、Eには、活性酸素を消去する働きがあります。この三つは、単独でとるより組み合わせてとるとよりよい効果が期待できます。 また、最近では、赤ワインや抹茶に含まれるポリフェノールにも、同じょうな抗酸化作用があることがわかっています。

ローズヒップス・ハイビスカスのアイスティー

@1人分でローズヒップス(ドライ)とハイビスカス(ドライ)を小さじ1杯ずつティーポットに入れ、1カップの熱湯を注いで7〜8分蒸らす。
A茶こしでこして、あら熱をとってから、はちみつ少々を加えてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やす。グラスに注いで、氷を入れて飲む。
*ローズヒップスは"ビタミンCの爆弾"といわれるほどビタミンCが豊富。ハイビスカスには疲労回復に役立つクエン酸が多く含まれる。ルビー色のきれいなアイスティーになる。

活性酸素を除去する「ファイトケミカル」

赤ワインのブームとともに知られるようになったポリフェノールには、体内に増えすぎた活性酸素を除去する作用があり、「ファイトケミカル」のひとつとして知られています。 ファイトケミカルにはいろいろな種類があり、野菜や果物、ハーブ、スパイスなどの植物性の食品に含まれています。身近なものではココアやチョコレート、緑茶、紅茶、そのほか、紫キャベツ、赤紫色のいんげん豆、米の原種である黒米や赤米、カレー粉、プルーンなどにも含まれます。 豆類は、水煮の缶詰を利用することもできます。黒米や赤米は、白米に1〜2割混ぜて炊くと食べやすくなります。プルーンは、おやつとしても、豚肉などと煮て料理にも使えます。 ファイトケミカルをとって、活性酸素から守りたいものです。

その他 美容 食べ物