食べ物 栄養 効能
     
食べ物 栄養基礎

栄養欠乏症はこんなに怖い!

体に必要な栄養素約50種を過不足なくとることは、一顧する に難しそうですが、できるだけ多種多様な食材を組み合わせて食べればそう難しいことではありません。

食品数が少ないほど栄養素の欠乏が心配

用法、用量を守って……これは副作用の心配のある薬の注意書きですが、栄養素も不足すれば欠乏症が現れ、とりすぎると肥満などの過剰症が現れます。  体に必要な約50種の栄養素を過不足なく、ちょうどよい量を毎日とり続けることを簡単にしたのが、食品群や料理群による組み合わせの考えです。  問題は、サプリメントに頼りすぎて食事をおろそかにしたり、朝食を抜いたり、1000`カロリーにも満たない低エネルギー食を続けたりする極端な食生活です。多様な食品をとってこそ、いろいろな栄養素が満たせるので、食べなかったり、食品数が少なかったりすると、栄養素が欠乏しやすくなります。

栄養素はひとつ欠けるだけでもダメージが大きい

栄養素はそれぞれ単独で働いているのではなく、サポートし合って共同で作業を行っています。炭水化物、たんばく質、脂質の3大栄養素もビタミン、ミネラルのサポートがあって初めて代謝がスムーズに行われます。  たとえば、炭水化物(糖質)の代謝によってエネルギーがつくり出されるときには、ビタミンBlが必要です。面白いことに、米は胚乳の部分の炭水化物とともに胚芽にビタミンBlやEを豊富に含んでいます。ところが、人間は米を精白することでこの栄養の宝庫である胚芽やぬか層を捨ててしまいました。こうして起こったのがビタミンB.欠乏症の脚気で、かつては国民病と恐れられました。糖質から エネルギーがつくられるのに必要などタミンBlは、主食や清涼飲料水など糖質を多くとる人ほど、またスポーツや重労働でエネルギーを必要とする人ほど、欠乏に注意が必要です。
体に必要な栄養素は約50種。栄養素同士がつながって作用しているので、ひとつでも不足のものがあると、ほかの栄養素の「足を引っ張る」ことになる

ビタミン・ミネラルの欠乏症

ビタミン 水溶性
ビタミンB1:脚気、多発性神経炎、むくみ、心臓肥大
ビタミンB2:成長障害、口唇炎、口角炎、舌炎、角膜炎
ナイアシン:ベラクラ、口玉炎、胃腸症状、皮膚炎、神経症状
ビタミンB6:皮膚炎,貧血、けいれん、湿疹、かゆみ、免疫力低下
ビタミンB12:悪性真血、舌炎、神経炎、疲労感、倦怠盛
葉酸 :大血球性貧血、舌炎、口内炎
パントテン酸:どうさ、めまい、成長障害、けいれん、副腎障害
ビオチン:特になし
ビタミンC:壌血痕、皮下出血、成良不良、骨形成不全 脂溶性 

ビタミン 脂溶性
ビタミンA:  成轟障害、骨・歯の完育不全、夜盲症、皮膚のかさつき、乾燥眼炎
ビタミンD : くる病(小児)、骨軟化症(成人)、骨相しよう症
ビタミンE :  赤血球の溶血、神経障害
ビタミンK :  血液の凝固遅延、新生児の出血性疾患、骨が弱くなる

ミネラル
カルシウム: 発育市不良、神経過敏、骨や歯が弱くなる
リン   :骨や歯が弱くなる、虚弱こなる
鉄     :貧血、疲労、発育不全
ナトリウム:胃酸の減少、食欲減退、倦怠間、めまい、精神不安
カリウム :筋力低下(筋無力症)、腸閉塞症、反射力低下
ヨウ素   :甲状腺肥大、肥満、新陳代謝低下、発育不全
マグネシウム:虚弱、神経興奮
マンガン   :骨の発育低下、生殖機能低下、運動失調
銅     :貧血、骨折 コバルト : 貧血
塩素   :食欲不振、消化不良
亜鉛   :発育不全、味覚障害、肌荒れ、免疫低下
セレン   :発育不全 クロム   :糖質の代謝不全
イオウ   :特になし
フッ素   :虫歯
モリブデン  :貧血、発育不良

食べ物 栄養