食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

疲労

充分なビタミン、ミネラルで全身のエネルギー代謝の活性化を。
@基本は栄養補給
Aビタミン、ミネラルを充分に
B疲労回復にはビタミン乱を
C一時的な症状には甘いものを

主食・主菜・副菜のそろった食事でエネルギー補給

疲れやすい、だるい、集中力低下などは同じような症状ですが、朝食を抜いたり、主食‥王莱・副菜がそろわない夕食だったりすると、基礎代謝や身体活動に必要なエネルギーが不足し、このような不調につながることがあります。また、ビタミンB1などのビタミンやミネラル不足、貧血などが原因で、エネルギー源は食べていても、エネルギーとして全身の細胞に僕給されない場合も考えられます。いずれにしてもバランスのとれた食事の積み重ねが大切です。一時的な疲労やだるさには、甘いものを食べて血糖値を上げるのも効果的です。

疲労回復に不可欠な栄養素ビタミンB1で乳酸を分解

エネルギーが消費された結果、筋肉中にたまった疲労物質の乳酸を分解する栄養成分の補給も大切です。胚芽や豚肉に多く含まれるビタミンB1には、この乳酸を分解する作用があります。にんにくやにらなどに含まれるアリシンと一緒にとると吸収力がアップし効果が高まります。 レモンや梅干し、食酢などに含まれるクエン酸にも同様の効果があります。また肉体的な疲労には、バランスのとれた食事とともに軽めの運動やたっぷりの睡眠・休養が、精神的疲労には、軽く体を動かしたり、趣味や旅行などで気分転換を図ったりすることが効果的です。

食材選びのポイント

主食や主菜だけではなく、副菜や果物にも、ビタミン、ミネラルが豊富な食材を上寮に組み合わせて
主食
胚芽つき穀物を
胚芽米のごはん、全粒粉のパン、そばなど、ビタミンBlの多い胚芽つきの穀物を。
主菜
豚肉、レバー、卵ビタミン乱のほか、たんばく質も豊富な豚肉やレバー、ウナギやカキ、卵一など。
副菜
やまのいも、オクラ
疲労回復に有効なムチンを多く含むやまのいもやオクラ、アリシンの多いにんにく、にら、玉ねぎ。
その他
かんきつ類や食酢
クエン酸が豊富なレモンやグレープフルーツ、いちご、梅干し、食酢などを食事にとり入れて。

その他 食事療法