食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

日焼け

紫外線から身を守る植物自身の命綱・抗酸化パワーを活用。
@ビタミンCやEをたっぷりと
Aコラーゲン食材もたっぷりと
B傷んだ肌には水分を
C日ごろから紫外線対策を

紫外線や活性酸素の害には抗酸化成分で対抗

紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生し、皮膚細胞を酸化させてしまいます。活性酸素はシミやシワの原因となるだけでなく、皮膚がんを引き起こす要因にもなります。目にも悪影響を及ぼし、結膜を傷つけたり、白内障を発症させたりすることもあります。  紫外線の害を防ぐには、皮膚の健康や粘膜を保護するビタミン昆(豚レバー、牛乳、卵、イワシ、ウナギに含まれる)、ビタミンC・E、カロテン(緑黄色野菜 に多く、ビタミンCと一緒にとると効果がある)、鉄、葉酸などの抗酸化作用のある栄養素をとることが重要です。

ポリフェノールやリコペンも活性酸素に効果絶大!

このほか、植物の色素やあくの成分であるポリフェノール(緑茶に多いカテキン、ごまに多いセサミノールなど)、カロテノイド(トマトに多いリコペン、緑黄色野菜に多いβ-カロテンやルテインなど)にも、紫外線や活性酸素を除去する働きがあります。  またこれら以外にも、鶏手羽などに含まれ、肌にバリや潤いを与えるコラーゲンを補給することや、紫外線の多い昼間は出歩かない、サンスクリーン剤をこまめに塗る、帽子やサングラス、日傘を持ち歩くなど、日ごろから日焼け予防の対策を行うことも大切です。

食材選びのポイント

肉や魚のゼラチン業にはコラーゲンがいっぱい。緑黄色野菜などと組み合わせてたっぷりとり課しょう
主食
胚芽つきの穀物を
胚芽にはビタミンBlやEがたっぷり。胚芽米「」はんや全粒粉パンなどがおすすめ。
主菜
鶏手羽やレバーなど
コラーゲンが豊富な鶏手羽や砂ぎも、カレイ。鉄分や葉酸が豊富なレバーや大豆、肉類、卵など。
副菜
緑黄色野菜やいも
ブロッコリー、小松菜などの野菜やいも。赤、緑、黄など野菜の色素成分には抗酸化成分が豊富。
その他 いちごやキウイ ビタミンCが豊富ないち「」やキウイフルーツ、かんきっ頬。ポリフェノールを含むブルーベリー。
その他 食事療法