食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

血中中性脂肪値が高い

体の不調などの自覚症状がないまま動脈硬化になることも。
@エネルギー量を適量に
A糖質のとりすぎは極力控える
B酒は上限を決めて控えめに
C適度な運動を合わせて

高中性脂肪血症を放置すると動脈硬化の原因に

正常な血中中性脂肪値は150ml/dl未満とされています。この値を超えた場合、高脂血症(高中性脂肪血症)と呼びます。血液検査をしない限り、特に目立った症状もなく、見つかりにくいことも多い症状ですが、数値が過剰になると動脈硬化の危険も出てきます。  脂質そのものの摂取も原因にはなりますが、中性脂肪をつくる大きな要因は、糖質やアルコールのとりすぎ。大部分がエネルギーとなって使われますが、余分 な糖質は中性脂肪となり脂肪組織に蓄積されることに。また、過剰なアルコール摂取は肝臓で中性脂肪を合成します。中性脂肪値が高いとわかった時点でお酒を控えるとかなり数値が低下します。

食事と運動の両面から生活を見直すことが重要

 血中の中性脂肪値を下げるには、まずは生活習慣を見直すことが最優先です。 糖質を含む代表的な食品は、ごはんやパン、いも類などのでんぷん、お菓子や飲み物に含まれる砂糖(ショ糖)、果物の果糖など。特に砂糖は1日50g以上とると中性脂肪の数値を上げてしまいます。
スナック菓子など気づかないうちに多く摂取していることも。また、果物にはビタミン類や抗酸化成分が豊富なイメージがありますが、果物に含まれる果糖は吸収されやすく、中性脂肪値を上げやすいの で注意が必要です。 さらに清涼飲料水には果糖やブドウ糖が多く含まれているので、食事だけでなく、飲み物にも気をつけましょう。過剰なエネルギー摂取は中性脂肪の増加につながります。1日3回規則正しくエネルギー控えめの食事をし、定期的に適度な運動をすることが最も有効な防止策です。1日2食にしたり、食事の間隔をあけすぎたりすると中性脂肪の合成が活発になります。
また、運動不足になると、摂取エネルギーを消費しきれなくなるうえ、血中中性脂肪や内臓脂肪を効率よく燃焼させる作用が低下する原因にも。食生活の改善とともに、ウオーキングやジョギング、自転車こぎ、水泳などの有酸素運動をゆっくりと続けることで全身の血行をよくして血圧を下げると、糖質の代謝がよくなります。1日30分以上、過3日以上のペースで続けられる運動習慣をつくりましょう。

食材選びのヒント

主食
精製度が低く食物繊維を含んだものを
玄米に豊富な栄養素も白米では糖質がほとんど。菱食として己はんを食べる場合は、便秘改善や吸収を抑える効果のある食物繊維が豊富なものを。胚芽つきなら万全。
主菜
不飽和脂肪酸を多く含む青背負を積極的に
イワシやサンマなどの育背魚に多く含まれる不飽和脂肪酸には、血中中性脂肪値を下げる働きがあります。内題は飽和脂肪酸を含み、中性脂肪値を上げてしまいます。 玄米の皮には日米の約3倍の食物繊維が含まれている
副菜
抗議化作用のある緑黄色野菜を中心に
コレステ白−ル値が高いのは悪玉コレステロールが酸化しやすい状態。抗酸化作用の高いβ1カロテンやビタミンC・Eが豊富な緑黄色野菜を意識してとりましょう。 脂を落とさないよう新鮮な刺身などで食べるのが効率的
その他
緑茶のカテキンには抗音化パワーがいっぱい緑茶に含まれるポリフェノールの一種カテキンには、強力な抗酸化作用があります。砂糖の入ったお茶や飲み物、ガルコール飲料、乗場を含む果物は控えめに。 清涼飲料水は避け、飲み物はお茶に切り替える

コレステロールと中性脂肪はどう違う?

中性脂肪とコレステロールは、血液の中にある脂質と混同されがちです。しかし、この2つは実は体内での働きはまったく違うもの。中性脂肪は血液の流れにのって全身に運ばれて、エネルギー源になる一方で、コレステロールはホルモンや胆汁酸の材料となり、主に細胞を構成する成分のひとつでエネルギーにはなりません。  ただし、どちらも過剰になると高脂血症につながるという共通点をもっています。

その他 食事療法