食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

抜け毛

不足しがちなビタミン類を充足し、細胞の老化防止、血行促進を。
@良質たんぱく質と各種ビタミンを
A血行をよくする食□
B脂肪をとりすぎない
Cいつも頭皮を清潔に

内側からのケアで健康な体と髪をはぐくむ

 抜け毛は髪の寿命による自然現象ですが、抜けすぎはちょっと心配。でも、頭皮の血行をよくし、毛根に栄養を与えるだけでは単なる気休めにしかなりません。  毛髪はケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンにはシスチンというアミノ酸が含まれており、これを合成するには、たんぱく質とともにビタミンB6の補給が必要です。また、細胞の老化を防ぎ血行を促進するビタミンEや、髪に潤いを与え、髪や皮膚を健康に保つビタミンAやB2、ストレスや紫外線による抜け毛を防ぐビタミンCなども不可欠です。亜鉛やヨウ素は育毛を促進します。

清潔な頭皮と健康的な生活で抜け毛を予防する

脂質や糖質のとりすぎは皮脂を過剰に分泌させ、フケを増やして抜け毛の原因となります。栄養の吸収を阻害したり、血行を悪くしたりする過度の飲酒や喫煙は抜け毛の大敵です。過労やストレスも、抜け毛を悪化させる原因となります。  抜け毛の予防には、日ごろのケアや生活習慣の改善が大切です。頭皮を不潔にしていると、皮脂や汚れで毛穴を詰まらせ、皮膚呼吸を阻害してしまいます。血行をよくし、毛根に充分な栄養と酸素を供給するには、毎日洗髪し、頭皮を清潔に保つことが大切です。頭皮を優しくマッサージするのもよいでしょう。

食材選びのポイント

こんぶやわかめだけではダメ。良質のたんぱく質とビタミン、ミネラルをいろいろな食品からバランスよく
主食
ごほんやパン
精白度の低い玄米、胚芽米の「」はんや、小麦胚芽、ライ麦のパン、たんぱく質が豊富なそばなど。
主菜
低脂肪の肉や魚
脂身の少ない肉や魚、レバー、ウナギ、卵、プロセスチーズなどのたんばく、亜鉛が豊富なカキを。 副菜
緑黄色野菜
かぼちゃやにんじん、青菜などの緑黄色野菜や、黒豆などの豆類、こんぶやわかめなどの海藻類。
その他
果物
オレンジやグレープフルーツなどの果実、亜鉛の多いごま、アーモンドなどの種実。

その他 食事療法