食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

食欲不振

生活習慣? 栄養障害? 疲労? 原因に合った対策を。
@少量でもバランスのよい食事を
A好きなものから食べてみる
Bのどこし、消化のよいものを
C香り食材で食欲を刺激

食欲不振の原因をチェックしてみる

食欲不振は、病気やストレス、疲労、食べすぎや栄養不足などが原因で起こります。食欲不振を改善するには、まずその原因を見極めることが大切です。  たとえば、病気が原因の場合は治療が先決ですが、食べすぎや夜更かしによるものは生活習慣の見直しが必要です。またストレスや疲労、栄養の偏りなどが原因の場合には、エネルギー代謝や疲労回復にかかわるビタミンB1・B2をはじめ各種栄養素をさまざまな食品からバランスよく摂取することが重要です。少量でも栄養バランスのよいもの、食べやすいものをくふうして食べるようにしましょう。

食欲を刺激する食事のコーディネートを

食欲中枢は脳にあり、単なる空腹感だけでなく、香り、味、温度、視覚など五感で感じる刺激も大きな影響を及ぼします。このため、ちょっとしたくふうで食欲を増進させることができます。  にんにくや玉ねぎ、にらなどに含まれるアリシンは、刺激的な香りで食欲を増進し、ビタミンB1の吸収を高めます。また、かんきつ類や食酢の酸味成分であるクエン酸も、食欲を増進させ、疲労回復に効果があります。このほか、彩りのよい野菜を使ったり、盛りつけをくふうしたりする視覚的な楽しみも、食欲を増進させるのに効果的です。

食材選びのポイント

ビタミンB1 B2 が豊富な食材や、食欲を増進する香味野菜を。食べたくなるようなくふうも大切です
主食
胚芽米ごほんやそば
ビタミンB1が精白米の4倍の胚芽米ごはん、同じく8倍の玄米ごはん、そば、胚芽入りパンなど。
主菜
豚肉や旬の魚介
ビタミンB1が豊富な豚肉やウナギ、カツオなど食欲をそそる旬の魚介に薬味を添えて。
副菜
ねぎなどの香味野菜
ビタミンBlの吸収を高めるアリシンの多いねぎ、玉ねぎ、にんにく、にらなどの香味野菜。
その他
かんきつ類、食酢 疲労回復効果のあるクエン酸を含む、レモンなどのがんきっ頬、梅干し、食酢など。

その他 食事療法