食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

タバコ依存症

百害あって一利なし。禁煙が無理なら消耗の激しいビタミン補給を。
@ビタミンCを充分補給
Aがんを防ぐ食品をたっぷりと
B禁煙補助剤を利用して
C食事中は周囲へ煙の配慮を

禁煙を心がけて。無理なら抗酸化ビタミンの補給を

 タバコを1本吸うと、約25喝のビタミンCが消費されます。また、タバコの煙には活性酸素やフリーラジカルが含まれていて、その煙によって肺が酸化するのを防ぐため、体内のβ1カロテン、ビタミンCやEが大量に消費されてしまいます。  肺がんや心臓病、脳卒中などの原因ともなるタバコは、百害あって一利なし。 強い意志をもって禁煙することが理想ですが、どうしても無理ならば、タバコを 吸わない人よりも多く、積極的にビタミンCやβ−カロテン、ビタミンEなどの栄養素を摂取することが重要です。

タバコ依存症は薬物依存と心理的依存が大きな原因

 タバコ依存症はニコチンによる薬物依存と、心理的な依存とが原因となっています。そのため、急に禁煙するとイライラなどの禁断症状が現れます。吸いたくなったらガムやあめを食べたり、歯を磨いたりして気をまざらわせるとよいでしょう。自力での禁煙が無理な場合は、ニコチンガムやニコチンパッチなどの代替療法を利用するのも効果的です。  タバコはまた、周囲の人の健康もおぴやかします。副涜煙には、ニコチンやタールなどが喫煙者の吸う煙の数倍も多く含まれているのです。タバコの害をしっかり自覚し、禁煙することが重要です。

食材選びのポイント

ビタミンC・Eを皐く含む抗軒化作用のある食材を積極的に。ビタミンCが書富な果物はたっぷりし
主食
玄米や麦ごはん
がん抑制効果なら、玄米や大麦(食べやすい市販の米粒妻など)、そばがおすすめ。
主菜
納豆や豆腐
がん抑制効果が期待される大豆製品の豆腐、納豆のほか、血圧を下げる育背魚など。
副菜
緑黄色野菜
抗酸化作用のあるにんじんやトマト、かぼちゃ、ブロッコリーのほか、セロリやカリフラワー。
その他
かんきつ類やしょうが
β−カロテン、ビタミンCが多いかんきつ頬やいちご、しょうが、ウコンなど。

その他 食事療法