食べ物 栄養 効能
     
不快症状 食事療法

疲れ目

β−力ロテンやビタミンAが不足しないように、バランス献立を。
@バランスのとれた食事を1日3回
AビタミンAの多い肉や魚を
B赤・オレンジの野菜を少量の油と
Cブルーベリーなどをデザートに

ビタミンAをはじめとするバランスのとれた食事を

疲れ目は頭痛や肩こりの症状を招くこともあり、日ごろからバランスのとれた食事が大切です。特に「目のビタミン」ともいわれるビタミンAは感光分子ロドプシンの主成分で、目の粘膜を潤し、網膜を健康に保ちます。脂溶性なので、油脂と一緒にとると吸収力が高まります。 植物性食品に含まれるカロテン(α、工甘)も体内でビタミンAに変わります。 ブルーベリーや黒豆などに含まれるアントシアニンはロドプシンの再合成を活性化し、また、ホタテの貝柱などに多いタウリンは、網膜細胞の機能を正常に保ち、いずれも目の疲れを媛和します。

適度な休憩とリフレッシュで疲れ目を改善

疲れ目には、バランスのとれた栄養とともに目の休養も大切です。目の疲れを放っておくと頭痛や肩こりなどの症状を招くこともあるので、適度な休憩やリフレッシュを心がけ、目に負担をかけ続けないことが重要です。たとえば、パソコンを使うときは画面までの距離を50〜70cmに保ち、1時間に10分程度の休憩をとり、遠くを見るようにします。温かいタオルと冷たいタオルを交互に目の上に当てて血行を促進するのも効果的です。また、簡単な運動で目や肩の筋肉をほぐすと、気分転換にもなります。過度の飲酒や喫煙は厳禁です。

食材選びのポイント

ビタミンAは、卯、牛乳、
チーズ、レバーのほか、緑黄色野菜にもカロチンの形で豊富に含まれ貰います
主食
黒米や玄米を交ぜて
古代米の一種、黒米はブルーベリーと同じ、アントシア二ンが豊富。玄米にはビタミンBlが豊富。
主菜
レバーや魚介類ビタミンAが豊富な卵、チーーズ、ウナギ、レバー。
タウリンが豊富なホタテ貝柱やカキなど。
副菜
緑黄色野菜+油
β′カロテンの多いモロヘイヤやトマト、にんじん、かぼちゃなどを少量の油で調理して。
その他
果物や緑茶
ビタミンAの豊富な牛乳やチーズ。いちごやキウイフルーツ、アントシア二ンを含むブルーベリー。

その他 食事療法