食べ物 栄養 効能
     

不快症状 食事療法

風邪/便秘/下痢/疲労/疲れ目/ 食欲不振/スタミナ不足/日焼け/肌荒れ/ 抜け毛/二日酔い
ストレス/低血圧/冷え性/やせすぎ/更年期障害 /タバコ依存症/生活習慣病/内臓脂肪
血糖値が高い/尿酸値が高い/骨密度が低い /胃炎/十二指長潰瘍/肝臓機能低下
胆石発作/胃がん・大腸がん/がん//血中中性脂肪値が高い/
血圧が高い/動脈硬/心臓病/脳卒中/ 貧血/腎臓機能低下/食物アレルギー

健康状態を維持するには、食事・睡眠・運動がとても大切です。
体の調子が悪い場合には、食事・睡眠・運動を改善していくと良くなっていく場合があります。
食事は、人が生きていく上で不可欠なものです。 人が活動していくエネルギー、そして器官や
細胞を正常に働かせる源として食事があるのです。

栄養のバランスをとるは、体の調子を整え様々な病気の予防につながっていきます。
また、自分の体に不快な症状があればその症状に関連した栄養成分が不足しているかも知れません。
肌のトラブルや胃腸障害、慢性的な疲労感など不快症状が続くときは、栄養バランスや食事の方法
を改善してみると良いかもしれません。

食事で気を付けること
・3食決まった時間に食事をする
・朝食をしっかりとる
・よく噛んで食べる
・食べ過ぎない
・早食いをしない
・寝る間直前に食べない
・栄養バランスをとる 現代人は、仕事や育児などとても忙しい生活をしています。
生活していく上で便利で合理的な物はたくさんあります。食品もファーストフードやインスタント食品
、コンビニ弁当など便利な食品などたくさんありますが、その中で栄養バランスを整えるのは困難です。
また、外食だけでは栄養バランスを整えるのはなかなか難しいものです。
自分が好きな食べ物ばかり選んでいると肉食やカロリーが高いものになりがちです。 自炊を行いながら
が食事を改善してきましょう。