食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

アジ、イワシ、サバ、サンマ

青背魚に多いDHAやEPAは生活習慣病予防の特効薬
アジにはタウリンが豊富です。カルシウム・リンなど骨形成に必要なミネラルがそろうイワシ、DHAやEPAの含有量がトップクラスのサバ、脂質・ビタミンB12が多いサンマなど、それぞれ栄養価の優れた食品。いず れも必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

鍋やムニエルなどにしてできるだけ脂を逃さずに

DHAやEPAを効率よく摂取ずるには、脂が減らないように調理するのがポイント。焼き魚や素揚げでは脂が落ちるので、刺身で丸ごと、煮物にして煮汁も一緒に食べるとよいで主よう.魚も脂肪は酸化しやすいので加工品も早めに。

血液サラサラ効果のEPAと 悪玉菌を撃退するDHA

青背魚に多く含まれる不飽和暗肪酸のEPAとDHAには中性脂肪抑制の働きや血栓の予防動降下が確認されています。生活習慣病の心配がある人は、EPAを豊富に含むイワシやサバ、サンマ、など青背魚を1日1食はとり入れるようにするなど、定期的に食べるようにするのが理想です。

青背魚を日常的にとれば脳血栓や心筋梗塞予防に

DHAを充分にとることで、脳の神経細胞が活性化され、老化抑制やボケ防止になるといわれています。さらに記憶力や学習能力の向上、視力の回復、抗炎症作用なども。EPAは、血液粘度を下げて、善玉コレステロールを増やすので、生活習慣病予防に抜群の効果を発揮します。

不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸をうち違うの?

脂質を構成する脂肪酸で、分子構造が異なり、さまざまな働きをします。不飽和脂肪酸は植物油脂や魚の脂に、飽和脂肪酸は肉や乳製品に多く含まれます。

その他 食べ物 効能