食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

あしたば

β−カロテンやビタミンが豊富心臓強化やがん予防に

葉や茎から出る黄色い汁は カルコン、クマリン

あしたばの業や茎の汁に含まれるカルコン、クマリンは抗酸化作用のある機能性成分。また、植物性食品には珍しく、ビタミンB12を含んでいます。

ビタミンCは水溶性なので水にさらしすぎないよう注意

熱湯でゆでて水にさらすときはビタミンCが溶けてしまうので短時間で。また油分と一端にとると、ビタミンAの吸収率がアップ。

腸の調子を整えたり悪性貿血や認知症の防止に有効

カルコンはあしたば特有の成分で、便通をよくし大腸がん予防、胃酸かいようの分泌抑制など、抗潰瘍作用も。茎や葉の汁にあるクマリンは抗酸化作用のある芳香成分です。
その他 食べ物 効能