食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

ブロッコリー

がん予防や血管のアンチエイジングに大活躍の食品
アメリカのデザイナーフーズ(がん抑制作用があるとされる植物性食品)にとり上げられたアブラナ科食品。高い栄養価とその効果が証明され、今最も注目されている食品のひとつです。抗酸化作用に優れ、美肌の効果も期待できます。

注目のがん予防成分 ルテインを含む

ブロッコリーの強い抗酸化作用はβ−カロテン、ルテイン、スルフォランによるもの。ルテインはカロテノイドの一種で、緑黄色野菜に多く含まれます。これらが活性酸素の発生を抑え、細胞機能障害を防ぎます。ブロッコリースプラウトでも同じかそれ以上の効果があります。

ピーマン以上のビタミンCは 加熱の際の損失に注意

ビタミンCの含有量はピーマンやレモンを上回るものの、ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので、加熱は短時間で。 ゆでるときに塩を少し加えるとビタミンCの損失を最低限にで きます。油と相性のよいβ−カロテンも豊富。

抗がん作用に加えて糖尿病の予防にも

ブロッコリーに含まれるβ−カロテンやルテインに、強い抗がん作用があるといわれています。また、クロムは体内のインスリン分泌を促進し、糖尿病予防にも有効とされています。さらにビタミンCはメラニン色素の沈着を抑制し、シミなどを防止します。

ブロッコリーの太い茎は捨てるところ?

ついつい緑色のつぼみ以外は捨ててしまいがちなブロッコリー。実は茎にもつぼみと同様の栄養分が含まれています。茎は加熱すると甘味が増すので、残さず食べてみましょう。
その他 食べ物 効能