食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

大根

消化や分解を促進してくれる数種類の消化酵素を含む
大根は、かぶと同じように根が淡色野菜、葉が緑黄色野菜という2つの要素をもっています。あまり注目を浴びない葉の部分ですが、根よりも ビタミンCが豊富なうえ、根にはないβ−カロテンには強力な抗酸化力があり、捨てるに はもったいない部分です。

消化酵素に加えて辛味成分がいっぱい

大根に含まれるジアスターゼは、でんぷんを分解して胃腸の消化を高める働きがあります。また辛味成分であるアリル化合物も胃液の分泌を促して、胃を健康に保ちます。食物繊維も豊富で、腸内の老廃物を体外に出す役目も果たしてくれる、胃腸薬のような野菜です。

ビタミンCは皮に多く酵素は葉のほうに豊富

栄養素をとるなら大根おろしが一番。ビタミンCは皮のほうに多いといわれます。ビタミンCやジアスターゼを有効に活用するならおろした直後に食べまし,よう。そのほうが味もよいといわれます。葉には殺菌力があり食中毒予防にも。

辛味成分が有害物質を分解してがんを予防

辛味成分に血栓防止や解毒作用、酵素に魚の焦げなどに含まれる発がん性物質の分解作用がそれぞれあることがわかっており、がんを予防してくれる野菜とされています。食物繊維が腸の老廃物をとり除くため、なかでも大腸がんの予防に有効とされています。

切り干大根は生の大根より栄養豊富?

大根を乾燥させた切り干し大根は、水分量が変わるもののカリウム、カルシウム、マグネシウムなど多くの栄養素が濃縮されています。保存も利くのでぜひ活用したい食材です。
その他 食べ物 効能