食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

ごま

血管を若く保ち老化を防ぐ伝統的健康食品 ごまは古くから高い薬効があるとされてきました。ごまの脂質の特徴は不飽和脂肪酸を多く含むこと。リノール酸やオレイン酸に含まれる不飽和脂肪酸も血中コレステロールを低下させる働きがあります。   

不飽和脂肪酸

ごまやひまわりの種などの確実類には、リノール酸やオレイン酸などの人体で合成できない必須脂肪酸が含まれています。抗酸化成分であるセサミンやセサミノール、ビタミンEもたっぷり。また疲労回復に効果のあるビタミンB1も摂取できるパワーの源です。

炒ったり、すったりすると 消化がよくなり効果的

ごまは外皮が固く、生で食べるのは消化によくありません。フライパンで妙ったり、すりごま、切りごまにすると消化・吸収がよくなります。ただし、リノール酸やオレイン酸は、空気に触れると酸化しやすくなるので、使う直前に用意するほうが良質な脂肪酸を摂取できます。

ごま特有の抗酸化成分で 生活習慣病の予防に

ごまにはセサミンやセサミノールなどの抗酸化成分が多く、がんや動脈硬化、高脂血症などの予防効果が期待されています。種実類にはビタミンC・E、β−カロテンなどの抗酸化ビタミンも多いので、活性酸素を抑制して免疫力を高めてくれます。

黒ゴマ、白ごま、色によって栄養価は変わる

白ごまは油の含有量が最も多く、ごま油に適しています。黒ごまはアントシアニンやリグナンを含み、栄養価に富んでいます。金ごまのフラボノイドには抗菌作用があります。
その他 食べ物 効能