食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

牛乳

たっぷり含んだカルシウムを効率よく吸収できるバランス食

牛乳にはさまざまな種類があります。搾った生乳を成分無調整で加熱殺菌した「牛乳」、生乳を乃%以上含み、脂肪分など規定の乳製品を加減した「加工乳」、生乳を20〜25%含みコーヒーや果汁などを加えた博し飲料」の3種類に大別されています。

日本人には不足しがちな カルシウムがたっぷり

骨や歯を成形するものとなるカルシウムは、一般に体内では吸収されくいとされていますが、牛乳に含まれる乳糖やカゼインホスペチドは吸収率を高めてくれます。たんぱく質や脂質、鉄分、りん、ビタミンA b2などを含むバランス食品の代表格といえます。

加熱しても栄養素には変化がないスグレモノ

牛乳は加熱じでも栄養成分に変化がないため、シチューなどに最適です。温めた際、表面にできる澱はたんぱく質。キ路に飲んでしまい重しょうし、ほうれん草など、マグネシウムを含む食品と一様でカルシウムの吸収率がさらにアップ。

歯や骨の強化だけでなく

かいよう胃潰瘍の予防などにも 良質のたんぱく質やカルシウムは、体の細胞、骨や歯の主成分として欠かせません。乳脂肪には胃の粘膜をコーティングする働きがあり、アルコールなどの刺激から胃粘膜を保護。栄養価が高く、虚弱体質の改善にも役立ちます。体質で下痢をする人は温めてから飲みましょう。

カゼインホスホペプチドは、カルシウムなどミネラル類の吸収促進を助けるたんぱく質の一種。同じく免疫力を高めるラクトフェリンも牛乳に含まれる代表的な機能性成分です。

その他 食べ物 効能