食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

はちみつ

疲労回復にすばやく効く天然の甘味料 はちみつの主な成分は果糖とブドウ糖、ミネラルなどです。ミツバチは集めた花の蜜を体内にある酵素の力で変化させます。さらにその水分を蒸発させて濃縮させたものがはちみつになります。同じように果糖、ブドウ糖を含む果物と並んで疲労回復食品の代表選手です。

腸内環境を整盈るグルコン酸

グルコン酸はブドウ糖が酸化してできるものです。有機酸の中で唯一大腸まで到達して、腸内のビフィズス菌を増やす働きをします。ほかにも、たんぱく質を分解する消化酵素プロアテーゼや、花の種類によってはビタミンB群・C、カリウムなどを含むものもあります。

加熱調理には不向きで酸味あるもの相性よし

還元糖を含むはちみつは、温度により色や甘味が変わるので、加熱調理の調味料よりそくのまま活用しましょう。レモンなど酸っぱいものとの相性もよく、クエン酸と吸収のよいはちみつの糖分がスポーツ時など疲労回復にすばやい効き目を発揮します。

疲労回復や美肌効果と胃・十二指潰瘍にも

消化吸収の早い果糖・ブドウ糖を主成分としているので、疲労回復にはすばやい効き目があります。また腸内で善玉菌を増やして、胃腸機能を整えるので便秘と下痢に有効、胃潰瘍などの改善にも役立ちます。美肌に効果があるナイアシンも含まれています。

乳児ははちみつを食べられないのはなぜ?

はちみつには、ボツリヌス菌の芽胞が入っていることがあります。腸が未発達な1歳未満の乳児は「乳児ポッリヌス症」を起こす危険性があるので要注意です。

その他 食べ物 効能