食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

鶏卵

良質たんぱく質やレシチンを含む準完全栄養食品
卵は、ひながかえるのに必要な栄養素が凝縮されているため、ほぼ完全な栄養食品といえます。そのため、昔から子どもや病人が滋養強壮の目的で食べる健康食品として食されてきました。ちなみに卵の賞味期限は、 生で食べられる期限が表示されています。

良質のたんぱく質をはじめ体に有用な成分がいっぱい

卵は体内で合成できない8種類の必必須けミノ酸をバランスく含み、たんぱく質の質も最高。卵凱に多いリン脂質のレシチンは、細胞膜や神経組織を構成するコリンの供給源です.ほかに免疫力を高めるビタミンAや、新陳代謝を活発にするビタミン抜群を含むなど理想的な栄養食高です. ビタミンCと食物繊維を補えば栄養的にも理想的

ビタミンCと食物繊維以外の栄養をすベて含む卵。

組み合わせれば拝辞の栄養バランスですし、ゆでても栄養成分の敏にあまり変化はありませ人が、加熱が長いとたんぱく質が変化して消化が悪くなるので、半熟ぐらいがよいでしょう.

卵黄のレシチンは老化やコレステロール値を抑制

一般にコレステロールを多く含むとされますが、実は卵黄に含まれるレシチンには血中コレステロール抑制効果があります。正常値の人が1日1、2個食べる分には心配はいりません。また、脳や神経組織の構成に使われるレシチンは、老化やボケ防止にも役立つといわれています。

卵の殻の色によって栄養素に違いはある?

白玉、赤玉など卵の殻の色は鶏の種類による違いで、栄養価は同じ。また有精卵と無精卵による違いもありません。ほかに、餌にヨードやDHAを加え、栄養を強化したものもあります。

その他 食べ物 効能