食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

みかん

ビタミンCの宝庫で注目の抗がん物質も豊富

発がん性物質から細胞を守る β−クリブトキサンチン

みかんの色素の一種で、最近注目の成分でもあるβ−クリプトキサンチン。発がん性物質から細胞を保護し、そのパワーはβ−カロテンの約5倍ともいわれています。

食物繊維が豊富な筋や袋も 一緒に食べるのがベター

捨ててしまいがちな筋には毛細血管を強化し、中性脂肪を分解する働きをもつビタミン棟物質が含まれています。食物繊維の豊富な袋も食べてしまいましょう。

冬場のビタミンC補給源としてかぜの予防にもぴったり

みかんの代表的な栄養素はビタミンC。果物の少ない冬場はかぜの予防にも役立ちます。みかんの酸味、クエン酸には血液サラサラ効果や疲労回復効果もあります。

その他 食べ物 効能