食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

なす

体を冷やす夏野菜はのぼせや高血圧にも効果的
なすは体を冷やす効果があるので、夏パテにはぴったり。旬は初夏から秋、各地で小なすや賀茂なすなどいろいろな品種が出回ります。油で調理すると、なすの皮に含まれる水溶性の色素成分アント シアニンの流出が抑 えられ、おいしさも 閉じこめられます。

紫色のアントシアニンには抗酸化作用のある機能性成瀬

なすは大半が水分で栄養成分が少ないとされてきましたが、皮にはナスニンやフラボノイドがあり、動脈硬化防止や抗がん作用があることがわかってきました。皮の部分にはアントシアニンが含まれており、強い抗酸化件用も期待されます。

夏パテ時のクールダウンに 油との相性もばっちり

なすは体を冷やす効果があるので、夏パテぎみのときにはぴったりの野菜。油をよく吸収する性質があるので、油分をとりたいときには妙め物などにすると効率的です。ただしエネルギーを抑えたい人には逆効果。焼きなすにしたり、漬け物でアントシアニンを皮ごと食べましょう。

皮の色素が動脈硬化を予防のぼせやほてりにも有効

なすに含まれる色素にはコレステロール値を低下させる働きがあり、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の予防効果が期待されています。また、体を冷やすため昔からのぼせの改善にも使用されていました。低エネルギーなので、肥満防止やダイエット中の人にもおすすめの食材です。

なすのことわざのもうひとつの意味

「秋なすは嫁に食わすな」は、姑の嫁いびりの意味のほかに、涼しくなる秋に食べさせると体を冷やして体調を崩すから、という思いやりの意味があるとの説も。


その他 食べ物 効能