食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

納豆、みそ

発酵させることで、大豆を上回るパワーに
納豆、みそはどちらも蒸した大豆からつくられる、伝統的な日本の発酵食品です。納豆は蒸した大豆に納豆菌を加えたもの、みそは麹と塩を加えてできたものです。麹の原料(米、麦、豆)とその割合によって、みその種類や甘口、辛口などが変わってきます。

納豆菌がもつ独自の酵素  ナットウキナーゼ

納豆の中にある酵素ナットウナーゼは、納豆の大豆が分解しつくったものです。納豆は発酵することで大豆にはない有効成分を多く含まれます。特に、血液中の血栓をできにくくする血栓溶解作用は食品中でもトップクラスです。

納豆とねぎ、みそとわかめの食べ合わせ効果

納豆にはビタミンCやカロテンが含まれていませんが、薬味にねぎを入れるとそれらを補い、きらにビタミB郡の吸収を助けます。みそは塩分が薄いので、ナトリウムの吸収を防ぎ、排泄を助けてくれる食物繊維やカリウムを多く含んだ野菜やわかめなどを具にするとベターです。

納豆の豊富なビタミンB2はゆで大豆の約6倍!

納豆に多いビタミンB2は、エネルギー代謝や細胞の再生に関わるビタミン。納豆のビタミンB2はゆで大豆の約6倍とかなり優秀です。特に脂質を多くとる人は、エネルギー代謝に必要などタミンB2も不足しがちです。欠乏すると口内炎や肌荒れなどを趣こします。

輸入大豆と国産大豆 栄養的に優れているのでは?

輸入大豆と比較すると、栄養的には国産大豆のほうがたんぱく質や糖質が多く、低脂質。また、ナットウキナーゼを効率よくとるにも国産ものが優れているといわれています。

その他 食べ物 効能/美容 食べ物