食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

ナッツ

肌や血管の老化を防ぎ脳を活性化してくれる
ナッツ類には脂質が含まれ、ビタミンEとともに血管や肌の老化防止に役立ちます。注目は、くるみに含まれるナイアシンや落花生のレシチン。ナイアシンは脳神経の働きを助け、レシチンは脳細胞の活性化を促し、記憶力を向上させる効果をもつ健脳食品です。

オレイン酸やビタミンEなど老化防止成分が豊富

アーモンドやくるみ、ピスタチオなどナッツ類は主成分が血中コレステロールを抑制するリノール酸やオレイン酸など。悪玉コレステロールを除去する不飽和脂肪酸の多い脂質ですが、かなり高エネルギーな食品。過酸化脂質の生成を抑制するビタミンEも豊富です。

エネルギーオーバーに注意ひと工夫加えた調理を

ナッツは全体的にエネルギーが高めの食品です。落花生は1日10粒程度を目安に、食べすぎには注意しましょう。また、細かく刻んでムニエルや野菜のあえ衣にしたり、ピーナッツバターなどの加工品を使ったりすれば、効果的にとり入れられます。

生活習慣予防に抗酸化作用もたっぷり

ナッツ類はごまと同様、不飽和脂肪酸を多く含む食品なので、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防する効果があります。また、血流をよくし、活性酸素の除去に働くビタミンEや脂質の代謝に役立つビタミンB群の働きで、老化防止や疲労回復にも効果があります。

くるみや落花生の殻は食べる直前に割るのがベター

ナッツ頬は組織がこわれると、酸化しやすいので、殻のままで保存を。 また落花生は古くなると肝臓がんの原因となるアフラシキシンというカビが発生することもあるので注意。

その他 食べ物 効能/美容 食べ物