食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

ピーマン

レモン並みのビタミンC量で活性酸素抑制や美肌にも効く
ピーマンはとうがらしの仲間で、品種改良によって辛味をなくし、大型にしたものです。大ぶりのピーマンにはレモン1個分に相当するほどビタミンCが多く、熟に強いため理想的な摂取源です。ししとうがらしも同じ仲間で、ビタミンC含有量はピーマンを上回ります。

熱に強いビタミンCは ビタミンCのおかげ

ピーマンには、毛細血管をじょうぶにするビタミンPが含まれています。ビタミンと同じ働きをすることから「ビタミン様物質」といわれ、かんきつ類などに多く含まれます。ビタミンPはビタミンCの吸収を助け、高血圧や脳出血などの予防にも役立ちます。

生でも、さっと加熱しても豊富なビタミンCがとれる

ビタミンCをたっぷり摂取したいときは、生食が一番ですが、ピーマンのビタミンCは加熱しても損失しにくいので、においが気になるなら、加熱調理がよいでしょう。また、β−カロテンを摂取するのにも油で妙めるのがおすすめです。

コレステロール値を下げ 血液をサラサラに

線ピーマンのクロロフィルという色素には、抗酸化作用があり、発がん防止作用も期待されています。また、ピーマンの香り成分であるピラジンには、血栓を予防し、血液をサラサラにする効果があります。ピーマンに豊富なビタミンCには、美肌効果も認められています。

抗酸化パワーカラーピーマンの勝ち

ピメントという別品種もありますが、赤のカラーピーマンは緑ピーマンが熟した同品種。カラーピーマンに含まれる色素には、緑ピーマンのβ−カロテンよりも強い抗酸化作用が。
その他 食べ物 効能 /美容 食べ物