食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能 プルーン

カルシウムなど女性の必須栄養素がたっぷり

赤血球の成分になる 葉酸をふんだんに含む
生のプルーンは葉酸を含んでいます。血液中のヘモグロビンの成分
として酸素の運搬の役割を担います。また、葉酸は遺伝子構成物質の
合成にも欠かせません。

ドライプルーンなら煮込み料理にもおすすめ
プルーンには生・ドライともにカリウムが含まれているため、
余分な塩分を排出する働きもあります。。ドライプルーンは煮込み料理など
加熱調理にも使用できます。

鉄欠乏性真血の予防や便秘解消骨租しょう症の予防・改善に
ドライプルーンには生に比べて鉄が多く貧血予防にもお勧めです。
カルシウムは骨租しょう症予防に役立ち、骨を強化します。
また、食物繊維ペクチンは便秘解消にも効果があります。



その他 食べ物 効能



プルーン(学名:Prunus domestica)は、バラ科の果樹。またはその果実を 乾燥した食べ物のこと。和名はセイヨウスモモ。 中心に大きな種を持つ。 種と果肉がウメの実のようにくっついているものがほとんどであるが、 品種によっては果肉と種が離れていて種を簡単に外せるものも存在する(離核性)。 プルーンは水溶性食物繊維が豊富である。 半生状のドライフルーツや、ペースト状のプルーンシロップに加工されて食されるのが主だが、新鮮なものは生のままでも食される。 旬は7〜9月の夏季。世界的には、アメリカ合衆国のカリフォルニア州が一大産地となっている。 プルーンは雨により裂果が起こりやすいため、日本国内では比較的雨の少ない長野県(日本国内生産量のおよそ6割)、青森県、北海道などで栽培されている。日本国内で生産されたプルーンの多くは、生食用として出荷・消費される。 プルーンはカロテンが多めだが、栄養素としては平均的な果物である。一般に、プルーンは鉄分が豊富であると言われているが、実際は取り立てて多い訳ではない。ドライフルーツに加工することで鉄分が濃縮され(100gあたり1.0mg)、茹でほうれん草(100gあたり0.9mg)よりも僅かに多くなるが、日本食品標準成分表に掲載されている他の果物と比較すると最下位クラスであり、干しアンズや干しぶどうの半分にも満たない。