食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

緑茶

カテキンの含有量がお茶ではトップクラス 緑茶は、茶菓を蒸して酵素の働きを抑えたあと、乾燥させてつくる不発酵茶です。通常、発酵させることによってカテキンは失われてしまうので、緑茶には機能成分が多く残っているといえます。また、香りにはリラックス成分が含まれています。

ポリフエノール1種カテキンの薬効成分

緑茶に含まれる渋味成分のカテキンは、タンニンと同様ポリフユノール(植物が光合成すると酌こっくり出す物質)の予種で、強力な抗酸化作用をもっている ので、免疫力を高めます。またビタミンCも含まれているのでかぜ予防や美肌効果も

茶葉を食べるとお茶にはない成分もとれる

緑茶を飲むときは、上質なお茶ほど、低温でゆっくりいれるようにすると香りがよく効能を引き出せます。また、茶葉を天ぷら衣に混ぜたり、ふりかけにして食べると、飲むお茶からは摂取できないカルシウム、カロテン、食物繊維もとれます。抹茶でも同様の効果が得られます。

老化防止や脳の活性化口臭を消すなど殺菌作用も

緑茶のカテキンには発がん抑制効果に加えて、がんの転移抑制作用も期待されています。また、カフェインも多いので覚醒効果や利尿作用もあります。フラボノイドやカテキンは口臭を消したり、食中毒の原因になる菌の繁殖を抑えたりと、殺菌にも活躍します。

渋味成分タンニンにはどんな働きがる

緑茶の苦味成分のひとつタンニンは、筋肉を収縮させ、止血や鎮痛などに作用します。また便を硬くするので下痢止めにも。ただし、病中の人は飲みすぎないよう注意が必要です。


その他 食べ物 効能