食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

カロテノイド色素が強い抗酸化作用をもつ
サケの一般的な旬である秋に出回るものを「秋鮭」、春の終わりから夏にかけて少量出回るものを「時鮭」などと呼びます。時鮭は時を知らずして川に上ってきたもの、白子や卵を持っていないため脂が多く、DHAやEPAも豊富に含んでいます。

カロテノイド系色素の一種アスタキサンチン

サケの身のピンク色はエサとし食べたエビなどのカロテノイド色素の1種、アスタキサンチンが筋肉にたまったもの。ビタミンEの500倍のも強力な抗酸化作用が悪玉ステロールの酸化を押さえ、血管壁を保護します。

牛乳と組み合わせれば カルシウムの吸収率アップ

サケに含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収を促進する働きがあるため、シチューやクリーム煮など牛乳と租ふ合わせると、吸収率がさらにアップします。また、サケの水煮缶は骨も食べられるた軋カルシウムやカリウム、亜鉛などがバランスよく摂取できます。

カロテノイド系色素とEPAで動脈硬化やがん予防に

アスタキサンチンの抗酸化作用は、ストレス性免疫低下の抑制や、白内障や胃潰瘍の防止に効果があるといわれています。多くの魚に含まれているEPAやDHAは脳細胞を活性化したり、動脈硬化や血栓の予防に役立ったりします。しかし塩ザケなどは塩分に注意が必要です。

サケの子供もイクラとスジコの栄養素

サケの卵巣を原料にしたスジコやイクラには、サケにはない、目によいビタミンAや抗ストレス作用をもつパントテン酸が含まれています。

その他 食べ物 効能