食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

そば

ビタミン、ミネラルが豊富で低エネルギーなヘルシー食品 日本では昔から栽培されている穀物で、収穫までの期間が短く、寒冷地ややせた土地でも栽培が可能なはどじょうぶな作物だったため、米不足のときにも主食として食べられていました。晩夏から秋に出回る新そばは、味と香りに優れているといわれます。  

良貨のたんばく質やビタミン類が豊富

生そばには約I0%のたんぱく質が含まれており、植物性たんぱく質としては珍しく必須アミノ酸のリジンが多く含まれています。また、ビタミンB1や、ピタミンと似た働きをする水密性のルチン(ビタミンPの一種)が多いのも特徴です。

そば裾の割合か多い生めんを 選んで食べると効果的

そばには乾めん、生めんとさまざまな種類がありますが、栄養成分を多くとりたいなら風味がよい生めんがおすすめです。生めんの中でも、そば粉80%の「八割そば(二八そば)」、そば粉100%の「十割そば」を。小麦瀞を主成分としたそばでは、そば本来の栄養素をとることができません。  

便秘解消やダイエットに動脈硬化など予防に効く

そばには食物繊維が含まれ、腸内環境を整える役目をします。 ルチンには、ビタミンCを補強して毛細血管をじょうぶにする働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防・改善に効果があります。 糖質の代謝を促すビタミンB.は、精神安定や疲労回復効果も期待されます。

そば屋さんのそば湯にはルチンがたっぷり溶けている

そば屋さんで出てくるそば湯には、実はビタミンP類のルチンがほとんど溶け出しています。できるだけそば湯は飲むようにしましょう。ただし、乾めんでは効果はありません。


その他 食べ物 効能