食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

酢酸、クエン酸などの有機酸で疲労回復や食欲増進効果を得る
酢の原料や製法はさまざま。米や玄米などからつくる穀物酢、りんごなどが原料の果実酢、黒酢などがあります。製法は麹菌や酢酸菌を加えて発酵させた醸造酢と、酢酸を水で薄めアミノ酸を加えた合成酢に大別できますが、合成酢は風味が劣ります。

疲労回復やスタミナ増進に役立つクエン酸

酸味のもととなる酢酸や夕立∴ン酸をはじめとする多種類の有機酸が含まれています。クエン酸は、摂取した食べ物を体内でエネルギーに変えるときに体の中にたまった老廃物を排出、疲労回復やスタミナ増進には欠かせない成分です。

カルシウムを含む食品を食べ合わせ吸収率アップ

疲労時には醇をそのまま飲むのが効果的ですが、酸が強すぎるので水などでうすめたり、リンゴ酢を果汁で割ると飲みやすくなります。また、水に溶けにくいカルシウムを水溶性にする性質があるので、カルシウムを含む食品と一緒に食べると効率よく吸収できます。

疲れやだるさに効果的肩こりや腰痛にも

クエン酸には、疲労の原因物質や、肩こりや腰痛の原因ともなる乳酸のもとを分解する働きがあります。また、ビタミンCの酸化を防いだり、肥満や過酸化脂質の生成を抑制したりする機能もあるので、シミヤソバカス、ダイエットや生活習慣病の予防にも役立ちます。

健康ブームで人気の黒酢は長期熟成でアミノ酸も豊富

黒酢は壷に入れた原料を屋外で長期熟成させたもの。豊富なアミノ酸が糖分と反応することで、熟成するにつれて黒い色に変化します。クエン酸も多いので飲料にもぴったり。

その他 食べ物 効能/黒酢効能