食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

チーズ

カルシウムの吸収率が高い優秀なたんばく源
チーズは歴史の古い加工食品で、はっきりした起源はわかっていませんが、肉が入手できない時代には貴重なたんばく源とされていました。牛乳や山羊乳を原料に発酵させたものをナチュラルチーズ、さらに加熱処理をしたものをプロセスチーズと呼びます。

カルシウムやたんぱく質を 凝縮して摂取できる

牛乳の栄養成分が凝縮されたチーズは、た人ぱく質やカルシウム、ビタミンAなどが牛乳の何倍 豊富。青かび、自かび フレッシュチーズなど、種類によりで栄養素の量にも違いがあります。プロセスチーズ練発酵チーズよ娠乳酸菌や酵素が少ない分廿、保存性に障れています、

塩分と脂質が多いのでとりすぎには要注意

ビタミンCと食物繊維以外はすべて含まれている準完全食品。 カルシウムも吸収率0〜80%と効率よく摂取できますが、エネルギー、塩分、飽和脂肪酸が多いので、肥満などが気になる人は低たんばく、低脂肪 のカッテージチーズなどがおすすめ。

緑黄色野菜と一緒にとると カロテンの吸収率アップ

チーズはかぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜と一緒にとることで、カロテンの吸収率がアップします。抗酸化作用も高まり、かぜ予防に効果があります。 アサリやイワシと組み合わせてマグネシウムやカルシウムをとれば、骨租しょう症の予防にも役立ちます。

イライラにはカルシウム

これはいったいなぜ? イライラにカルウム」という言葉をよく聞きますが、これはカルシウムが、神経転進達に影響して神経の興奮や緊張を覆穏和する働きがあることが関係しています。

その他 食べ物 効能