食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

ヨーグルト

整腸作用や免疫力アップに効果的な乳酸菌が豊富

牛乳などの乳汁を発酵させてつくるヨーグルトは、さまざまな種類の乳酸菌を使ってつくられます。ビフィズス菌やLGG菌などはその代表的なもの。それぞれ違った性質や風味や香りですが、腸内環境を整える機能 は基本的に備わっています。

牛乳より消化吸収がよく整腸作用を促してくれる

牛乳などの乳汁を乳酸菌で発酵させたヨーグルトは、牛乳のもつ成分をそのまま含んでいるうえに、乳酸菌がたんたく質や脂肪を分解してくれるため消化吸収に優れています。また乳酸菌は腸内でビフィズス菌んどの善玉菌を増やし、腐敗菌の増加を抑える働きもします。

オリゴ糖と組み合わせれば腸内のビフィズス菌が増加

免疫機能を高め、コレステロールの増加を抑制してくれるビフィズス菌は、プレーンタイプを毎日食べるのが理想。オリゴ糖甘味料を使えば、腸内のビフィズス菌をさらに増やせます。空渡時は乳酸菌が胃酸に負けるので食後がおすす。

次々と明らかになる抗がん作用などの新たな働き

ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌には、血圧上昇抑制やコレステロール値を下げる働きがあります。また最近では、ヨーグルトが抗がん作用のある物質、インターフェロンの体内産生を促進することが発見されるなど、免疫機能に大変有効なことがわかっています。

キムチはヨーグルトと同じ乳酸菌がいっぱい

キムチもヨーグルトと同じ乳酸発酵食品です。こちらも免疫力を弓封ヒする効果に加えて、肥満改善や抗酸化作用などの効果が確認されています。

その他 食べ物 効能