食べ物 栄養 効能
     

赤い魚介類

魚介類の赤い色素に強力な抗酸化力がある!

アスタキサンチンが動脈硬化を抑制

さけ、イクラ、えび、かになどの赤色は、アスタキサンチンという色素成分です。
これはカロテノイドの一種で、本来の色は青緑ですが、加熱すると赤に変わります。
アスタキサンチンは抗酸化力が極めて強く、代表的な抗酸化ビタミンである
ビタミンEの約550〜1000倍にも相当すると言われます。

アスタキサンチンのパワーを証明する好例が、さけの産卵です。さけは産卵の
ために川を上るとき、強烈な紫外線を浴びるため、活性酸素が大量に発生します。
このとき、抗酸化力の強いアスタキサンチンが活性酸素を除去し、さけの身を防護。

この成分のお陰で、さけは無事産卵を果たし、アスタキサンチンは産んだ卵(イクラ)
に受け継がれます。アスタキサンチンは人にも有効に働き、活性酸素を除去して、
LDLコレステロールの酸化を抑制する作用が報告されています。

よって、赤い魚介類を積極的にとることは、動脈硬化の予防にもつながります。
そのほか、アスクキサンチンは、糖尿病腎症の抑制、発ガン抑制、眼精疲労の
改善、免疫機能の向上、ストレスの解消などにも効果を発揮します。
なお、イクラ、すじこなどの魚卵は、有効成分とともにコレステロールの
含有量も多いので、食べる量はひかえめにしましょう。

アスタキサンチンを多く含む魚介類

さけ、きんめたい、えび、さくらえび、かに、イクラ、すじこなと

その他 コレステロール 下げる 食品