赤ワインのポリフェノール効果

フランス人に動脈硬化による心疾患が少ないのはなぜ?

「フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)」という言葉をご存知でしょうか?
フランス人はヨーロッパのなかでも、肉や乳製品などの動物性脂肪をたくさんとっている国民ですが、なぜか心疾患による死亡率が低いという謎を表した言葉です。

通常は、動物性脂肪をたくさんとるほどコレステロール値が高くなり、動脈硬化から心疾患を引き起こす確率も上昇するからです。この謎を解く研究がなされた結果、赤ワインに含まれる抗酸化物質のポリフェノールが有効だということがわかりました。

動脈硬化は、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化され、酸化LDLになることで促進されます。その活性酸素による酸化を抑えるのが、赤ワインのポリフェノールだったのです。

赤ワインには、ぶどうの皮の色素成分であるアントシアニンや渋味物質のタンニン、そのほかにもカテキンやレスベラトロールなど、多くのポリフェノールが豊富に含まれています。

これは、赤ワインが果皮や種なども一緒につぶして発酵させるためで、皮や種を取り除いて作る白ワインより強力な抗酸化作用があります。加えて、赤ワインには血管拡張作用もあり、適量を飲むと、血液循環がよくなります。

適量は1日にワイングラス1~2杯。飲みすぎにご注意を!

フランス人の1人当たりの年間ワイン消費量は約671で、日本人の約70倍にもなります。これは、ランチにもワインを添えるお国柄ゆえのこと。日本とは食習慣が異なりますが、動脈硬化を予防する点から見ると、フランス人にも日本人にも共通の目安量があります。

動脈硬化予防のための適量は、1日にワイングラス1~2杯(約150~250mg)です赤ワインはアルコール度数11~14%のお酒なので、飲み過ぎると肝臓を傷めたり、血液中の中性脂肪を増やしたり、肥満につながったりと、かえって健康を害することがあります。

くれぐれも適量を守り、食事のおとも程度に飲むのがいいでしょう。一方、白ワインには、大腸菌やサルモネラ菌に対する殺菌効果があるポリフェノールが含まれています。 抗酸化力は赤ワインほどは強くありませんが、生の魚介類を食べる際には、味の調和に加え、抗菌力という観点から、白ワインを選ぶのがおすすめです。

また、アルコールが苦手な人は、無理をしてワインを飲むことはないでしょう。発酵させて作る赤ワインほどではありませんが、果汁100%のぶどうジュースでも抗酸化作用が期待できます。ただし、糖分の多いジュースを常飲すると、カロリーをとり過ぎてしまうので、糖分ひかえめのタイプを選びましょう。

赤ワインは、基本的に常温で飲む。夏季にライトタイプの赤ワインを飲むときは、
15℃くらいに冷やすとおいしい。冷蔵庫の野菜室に1時間以上入れておくと、
ちょうどよい冷え具合になります。