高血圧の改善やストレスの抑制にも効果あり

EPAとDHAの働き

青魚は白身魚に比べて、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)がたいへん豊富に含まれています。この2つは多価不飽和脂肪酸に属し、動物性
脂肪が常温で固まりやすいのに反して、常温で固まりにくい性質を持っています。

魚の脂の効果が注目されたのは、70年代にデンマークのダイエルベルグ博士らが、
「魚やアザラシを常食としているグリーンランドの先住民イヌイットは血栓症が少ない」と指摘したのが始まりです。

EPAとDHAのおもな働きは、血液中の中性脂肪を減らし、善玉のHDLコレステロールを増やし、血栓の形成を抑えて、血液をサラサラにすることです。さらに、高血圧の改善やストレスの抑制にも効果があると言われています。

また、EPAはアトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー症状の予防や改善、抗ガン作用についての報告もあり、最近では、IPA(イコサペンタエン酸)という呼び方もされています。

一方、DHAは体内では脳細胞や目の網膜などに存在し、神経組織の発育や維持に重要な役割を担っています。そのため、食品としてDHAを摂取することは、記憶力の低下や認知症の予防、視力の向上にも役立ちます。

DHAの弱点は?

青魚といえば、あじ、いわし、さば、さんま、ぶりなど。これらの魚のEPA、DHAには実は弱点もあります。それは体内で酸化されやすいという性質です。 酸化されたEPA、DHAは体内で活性酸素を増やし、体にかえってマイナスに働いてしまいます。 これを防ぐ方法としては、新鮮なうちに食べること。

そして、β・カロテン、ビタミンC・E、ポリフェノールなど、抗酸化作用の高い栄養成分を含む食品を一緒にとるようにしましょう。

魚の漬けものへしこ
日本海に面した福井県は“長寿県”として有名ですが、その理由のひとつに、さばやさんまを米ぬかに漬けた保存食「へしこ」の健康効果が指摘されています。へしこは、魚介類を長期保存するために考案された調理法で、江戸時代に始まっわかさおけたもの。

現在も若狭地方には、へしこを漬ける桶を持つ家庭が多く、米ぬかに1年ほど漬けた青魚を日常食としてよく食べます。へしこの健康パワーは、青魚に多いペプチド(アミノ酸の一種)とEPA・DHAに由来すると言われ、次のような効果が報告されています。

ペプチドの効果(ぬか漬けにすることで効能が倍増)
・血圧抑制内臓の働きを活発に
・体力や免疫力を高める・高血糖の改善

EPA.DHAの効果
・コレステロール値と中性脂肪値を下げる