食べ物 栄養 効能
     

チョコレート

適量とれば動脈硬化の予防に!心を鎮め、集中力を増す成分も  

カカオポリフェノールの効果に注目

チョコレートの原料はカカオ豆で、原産地は中南米です。
ココア豆の効能は古くから知られており、16世紀にヨーロッパに渡ったときには、
食料品店でなく、薬局で販売されていたと伝えられます。

高カロリー・高脂肪食品なので敬遠されがちですが、近年は、チョコレートの
効用が見直されています。 まず、第一に挙げられるのは、カカオポリフェノール
の抗酸化作用です。

体内の活性酸素を除去して、LDLコレステロールの酸化を抑えるなど、
動脈硬化やガンの予防に効果があります。また、チョコレートにはテオブロミン
という成分が含まれており、自律神経を調整して、神経を鎮める作用があります。

同時に、大脳皮質を適度に刺激して、集中力や記憶力を高める効果があることも、
数々の実験から確認されています。
 
さらに、カカオ豆には、ビタミンE、ナイアシンやパントテン酸、カルシウム・鉄分・
マグネシウム・亜鉛などのミネラルほか、食物繊維も案外多めに含まれています。

これらの成分の働きで、疲労回復、貧血、便秘などの改善も期待できます。
チョコレートの有効成分を効率よくとるには、ミルクや砂糖が入ったタイプを避け、
ブラックかビターを味わいましょう。1日の摂取目安量は30gまでです。  

カカオポリフェノール: LDLの酸化を抑制

ビタミン、ミネラル類:新陳代謝の活発化

テオブロミン:神経を鎮める

食物繊維:血中コレステロール値の正常化、便秘の解消

その他 ポリフェノール 食品
その他 コレステロール 下げる 食品