生活習慣病の予防や改善に効果を発揮!!

イソフラボンの効果

「畑の肉」と呼ばれる大豆は、必須アミノ酸をバランスよく含有した良質なたんばく質の宝庫。大豆たんばくには、血中コレステロール値の降下作用、血圧調整、肥満抑制などの働きがあり、生活習慣病の予防や改善に効果を発揮してくれます。

大豆には、ほかにもいろいろな有効成分があり、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンには、コレステロールや中性脂肪など血中脂質を下げる効果があります。

また、大豆サポニンも体内で脂質の酸化を抑制し、過酸化脂質を減らすよう働きます。 さらに、大豆に含まれているリン脂質の一種レシチンは、血管内でコレステロールが固まるのを防ぎ、動脈硬化を予防します。

また、レシチンとともに大豆脂質に含まれているリノール酸には、悪玉のLDLコレステロールを減らし、善玉のHDLコレステロールを減らさないという、うれしい働きがあります。加えて、大豆に含まれる植物ステロールの働きも見逃せません。

植物ステロールは、コレステロールの吸収を防いでくれるので、その結果、コレステロール値が下がります。なお、栄養成分の過剰摂取を防ぐため、サプリメントより、できるだけ食品でとるようにしましょう。

美肌やダイエットにも注目

きな粉は大豆を妙って粉状にひいたもので、大豆の栄養素や有効成分をそのまま含んでいる食品です。 とくに注目したいのが、大豆たんばくと女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンの効果です。

この2つの成分は、血中のコレステロールや中性脂肪を減らし、さらに皮下脂肪を燃焼させるので、肥満予防の効果も期待できます。また、イソフラボンには、シミやくすみの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ作用があるので、肌の老化防止や美肌効果も望めます。

きな粉をとる際は、高カロリーになりやすいお菓子類はたまの楽しみにとどめ、普段は、牛乳に混ぜたり、無糖ヨーグルトにかけていただきます。また、バナナにきな粉をかける「きなこバナナ」を朝食代わりにとれば、便秘解消やダイエット効果が期待できます。