食べ物 栄養 効能
     

ギンコウ

イチョウの葉には血流促進ほかいろいろな薬効が

ギンコウは、日本語名で「イチョウ」のことで、中国では数千年前からセキ止めやぜんそくを緩和する薬として用いられてきました。有効成分は葉に含まれる香り成分の一種、ギンコライドで、血管を拡張して全身の血行を促進するため、動脈硬化をはじめ、さまざまな疾患の予防、肩こり、冷え性といった血行障害の改善などに効果があることがわかっています。また、脳の老化予防も期待されており、認知症予防に関する研究が進められているところです。お菜はやや薬っぽいですが、飲みやすい味です。

その他 コレステロール 下げる 食品