海藻類は「ミネラルの宝庫」

アルギン酸とフコイダンの効果

昆布、わかめ、ひじきなどの海藻類は「ミネラルの宝庫」と呼ばれ、カルシウム、リン、亜鉛、ヨウ素などがたっぷり含まれています。さらに、ビタミン類や食物繊維も豊富で低エネルギー。生活習慣病の予防と改善には、ぴったりの食品です。

コレステロールを下げる作用があるのは、昆布やわかめに含まれるアルギン酸です。水溶性食物繊維のひとつであるアルギン酸は、腸内でコレステロールや胆汁酸
の吸収を抑え、コレステロールを下げる働きをします。

また、腸内のナトリウムを吸着して体外に排泄し、血圧を下げる作用もあります。
加えて、昆布、わかめ、もずくなどほとんどの海藻に含まれるぬめり成分フコイダンも、高コレステロールの改善に有効です。

水溶性食物繊維のフコイダンは、腸管内の余分なコレステロールをからめとって、
便と一緒に排出するよう働くため、血液のドロドロ状態が緩和されます。

ツヤがあるものがおすすめ

フコイダンは、胃潰瘍や冒ガンの原因のひとつと言われるピロリ菌に吸着し、菌が胃壁に付着するのを防いだり、体の免疫力を高めるよう働きます。

良質な海藻を見分けるには色やツヤをチェックしよう。 昆布は肉厚で黒いものが良質で、よく乾燥したものりしりまを選ぶのがコツです。だし用なら利尻昆布や莫昆布、ひだか煮物なら日高昆布が適しています。

生わかめは早春が旬。とれたての生わかめは歯ごたえがよく、おいしく味わえます。塩蔵わかめは塩が多量にまぶされていないものがよく、干しわかめは黒緑色でツヤがあるものがおすすめです。

干しひじきは黒色でツヤがあり、形が揃っているものを、生ひじきはふっくらしたものを選びましょう。