食物繊維の含有量はトップクラス

1日の摂取目安量は、2g程度

近年、ダイエット食品として人気が高い寒天は、てんぐさやおごのりなどの紅藻類を原料として作られます。100g中の食物繊維量は約80gもあり、全食品中、食物繊維の含有量はトップクラスです。

また、満腹感が高いのにカロリーはゼロで、肥満予防やダイエットにもってこいの食品と言えます。寒天に含まれている水溶性食物繊維は、腸内で悪玉のLDLコレステロールを吸着して排出し、コレステロール値を下げる効果があります。

また、水溶性食物繊維は、腸内で胆汁酸の吸収を阻害します。胆汁酸はコレステロールを原料として作られますが、消化液としての役目が終わると、腸から再吸収され、肝臓で再利用されます。

しかし、胆汁酸の腸への再吸収が阻害されると、肝臓で新たな胆汁酸を合成するためにコレステロールが消費され、結果的にコレステロール値の低下につながります。

寒天は胃腸に負担がかかりにくい食品で、体内の不要なものを一緒に排泄してくれます。また、便秘解消、大腸ガン予防、ニキビや吹き出物、肌荒れの改善にも効果的。1日の摂取目安量は、2g程度以内です。 とり過ぎに注意しましょう。

寒天の活用法

寒天には棒状の「角寒天」、糸状の「糸寒天」、粉末状の「粉寒天」があります。 角寒天は水で戻してから煮溶かして固め、糸寒天も水で戻してから使います。

一方、粉寒天は水に戻す手間がかからず、そのまま煮溶かして使えるので便利です。無味無臭なので、食生活に取り入れるには、飽きない工夫が大切。季節によって趣向を変え、バラエティ豊かな食材との組み合わせを楽しみましょう。

糸寒天は、海藻のサラダに添えるのもいいです。寒天は、低カロリーのデザートや料理として味わうのが一般的ですが、もっと簡単に寒天をとる方法として「寒天茶」があります。

粉タイプを使うと、あっという間にできあがります。間食の代わりに飲むと、とてもヘルシーです