食べ物 栄養 効能
     

こんにゃく

便秘解消&おなかすっきり低カロリーでダイエットにも向く

グルコマンナンが腸内を掃除する

こんにゃくの原料は、「こんにゃくいも」という里いも科の植物です。球茎を粉末にして
加工しますが、アルカリ性の物質と一緒にすると凝固する性質があり、それを利用
してこんにゃくが作られます。

こんにゃくは97%が水分で、残りの3%は難消化性の食物繊維の一種グルコマンナン
です。ほとんどカロリーがなく、かつ満腹感が得られるので、ダイエット食品の代表格
と言えるでしょう。

昔から、こんにゃくは「おなかの砂おろし」と呼ばれ、腸内をきれいに大掃除して、
不要なものを排出する働きが知られていました。この効果は医学的・栄養学的
にも認められています。

こんにゃくの食物繊維グルコマンナンが腸内に入ると、腸壁にたまった宿便や
不純物、腸内の有害物質や老廃物、余分なコレステロールや胆汁酸などを
からめとり、便として排出する働きがあります。

よって、の高い食品や脂肪分の多い食品を食べるとき、
こんにゃくを一緒に食べると、コレステロールや中性脂肪の吸収が抑えられます。
また、便秘解消にも効果があります。
なお、こんにゃくの黒い粒は、あらめ昆布などの海藻が原料となっています。

こんにゃくの昆布しめ

白身魚で作ることが多い昆布じめを、こんにゃくでアレンジ。おさしみ感覚で
いただけます。

1人分4kcal
材料◆2人分
こんにゃく‥1/3枚(80g)
昆布‥5cmxlOcm大を3枚
きゅうり‥・1/5本
しその葉……‥2枚
おろししょうが‥少々

作り方
@鍋に水を入れてう弗臆させ、こんにゃくを入れて、かたくなるまで5分ほどゆでる。
ざるにあげ、租熟をとる。

A昆布はぬれぶきんでふき、全体を広げるようにかたちをならす。

B@のこんにゃくを2×3cm大の薄切りにする。日の昆布1枚の上に半分の量を
1枚ずつ並べ、その上に昆布を1枚重ねる。同じように残りのこんにゃくを並べ、
残った昆布を重ねる。全体をラップできつく包み、冷蔵庫で30分おく。

Cにきゅうりのせん切り、しその葉を敷く。その上に昆布から出したこんにゃくを
盛り、おろししょうがを添える。

しらたきとにん払んのきんぴら

1人分57kcal
しらたきも、こんな風に食べると新鮮。味がほどよくしみこんで、ご飯によく合います。

材料◆2人分
しらたき‥・‥100g
にんじん‥・・1/3本
ごま油‥・‥小さじ2
砂糖・しょうゆ・・‥各小さじ1
黒ごま(炒り)……少々

作り方
@したらきは3cmの長さに切る。にんじんはせん切りにする。

Aフライパンにごま油を熟し、@のしらたき、にんじんを加えて、中火で炒める。

Bにんじんに火が通ったら、砂糖・しょうゆを加えて炒りつける。
器に盛り、黒ごまを散らす。


その他 コレステロール 下げる 食品