コレステロール値を下げる上で理想的な配分

不飽和脂肪酸でサラサラ血液に

くるみは人類が古くから食用にしていた木の実のひとつで、日本でも縄文時代や 弥生時代に、常備食として用いられていました。くるみの成分は、約60%が良質な不飽和脂肪酸で占められ、リノール酸とγ-リノレン酸が5対1の割合で含まれています。

この比率は、不飽和脂肪酸がコレステロール値を下げるうえで理想的な配分であり、臨床試験でも数々の成果が生まれています。 また、くるみにはアミノ酸の一種、アルギニンも多く含まれます。

アルギニンは成長ホルモンの合成に関与するたんばく質ですが、血管拡張作用があり、血行を促進します。よって、動脈硬化の進行によって生じる狭心症などの心疾患の予防に有効です。

摂取目安量は、アーモンドと同じ約28g

さらに、ビタミンEも多く含み、Eのなかでも抗酸化作用が強いγ-トコフェノールが 主体のため、LDLコレステロールの酸化が抑えられます。

くるみの1日の摂取目安量は、アーモンドと同じ約28g。ただし、ナッツを食生活に取り入れるときは、どれか1種類にしましょう。カロリーがそれなりにある食品なので、適正摂取エネルギーの範囲で上手に取り入れたいものです。

また、お酒のつまみにすると、ついつい食べ過ぎてしまうので、料理に適量を加えるのがベターです。

1オンス(約28g)分のカロリーは、アーモンドが167kcal、くるみが189kcal。
なお、コレステロール含有量は、ともにゼロです