昔から飲まれている緑茶に効果あり

カテキンパワーが中性脂肪の減少に効果あり

「日常茶飯事」という言葉があるように、日本人にとってお茶(緑茶)を飲む ことは、日常生活にすっかり根を下ろした習慣です。その緑茶には、実にさまざまな効能があることが知られていますが、その役割を担う代表的な成分が、カテキンです。

これは、緑茶特有の渋味のもととなる成分で、緑茶全体の8~15%を占めています。カテキンの働きのなかで代表的なものが、コレステロールや中性脂肪といった血中脂質を減少させる作用です。

血中脂質が増え過ぎると脂質異常症となり、血管壁にコレステロールが付着したり、血栓ができて血液の流れが悪くなったりします。ところがカテキンには血中脂質を減少させ、血栓ができるのを防ぐ効果があります。

そのうえ、悪玉のLDLコレステロールだけを減少させ、善玉のHDLコレステロールは減らしません。さらに、カテキンには血圧の上昇を抑える作用や、血糖値をコントロールする作用もあります。

高血圧や糖尿病も動脈硬化の引き金になるので、これらの予防は、血中脂質の減少とともに重要です。また、カテキンには殺菌作用もあり、食後のお茶を習慣にすると、口臭予防につながります。

さらに、緑茶に含まれるフッ素は、虫歯予防にも効果的です。

食後に緑茶を1~2杯飲む習慣を

緑茶には、まだまだ有効成分がたくさん含まれています。ビタミンA・C・Eには強力な抗酸化作用があり、カテキンとともに働いて、LDLコレステロールが酸化するのを防ぎます。とくに、カテキンの一種であるエビガロカテキンガレートという成分には、ビタミンCの10倍、ビタミンEの20倍の抗酸化力があると言われています。

また、緑茶が血中脂質を減少させることから、肥満の原因となる脂質の代謝を促してエネルギーとして消費し、ダイエット効果も期待できます。食事のあとに緑茶を1~2杯飲む習慣をつけると、毎日忘れずにとることができます。

とくにカテキンをしっかり摂取するには、豊富に含まれる1煎目、2前日を飲むといいでしょう。緑茶の栄養分を余すことなくとるには、葉をそのまま食べる方法もあります。

茶葉用ミルで粉末状にしてヨーグルトに混ぜたり、租挽き状にしてふりかけとして用います。また、緑茶に含まれるカフェインとビタミンCは、アルコールから発生する有害物質アセトアルデヒドの分解を助ける働きがあるので、二日酔いにも効果的。

さらに、カフェインには利尿作用もあり、アルコールを体外に早く追い出してくれます。お酒を飲む前に緑茶を飲んでおくと予防効果があり、二日酔いをしてしまったときに飲むと、その解消を早めてくれます。