食べ物 栄養 効能
     

玉ねぎ

血液をサラサラにして動脈硬化や血栓を予防する

ケルセテンが脂肪の排泄を促す

定番の常備野菜として欠かせない玉ねぎ。最近では、さまざまな薬効が
改めて見直されている野菜です。玉ねぎにはポリフェノールの一種、
ケルセチンという成分が含まれています。

ケルセチンは脂質と結合する作用があり、腸内の脂肪と結びついて脂肪を
固め、便と一緒に排泄します。また強い抗酸化作用があるため、
LDLコレステロールの酸化が防止され、血液をサラサラにして、動脈硬化を防ぎます。

玉ねぎを切っていると、鼻にツンと刺激臭がきて涙が出てきますが、
これはイソアリインという成分が目や鼻を刺激するため。
イソアリインはイオウ化合物の一種で、玉ねぎの辛味の正体です。

このイソアリインは、コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあります。
また、血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防します。
さらに、血液中の糖代謝を活発にして血糖値を下げる効果もあります。
玉ねぎの効能を十分に生かすには、調理法に気を配ることが大切。

コレステロールや中性脂肪を減らしたい人は、煮たり妙めるなど加熱
して用います。 一方、血糖値を下げたい人は、生食がおすすめです。
なお、血栓の予防には玉ねぎは生食でないと効果がないと考えられて
いましたが、玉ねぎを切ったあと最低15分放置すれば栄養成分が安定し、
加熱しても効果が失われないことがわかっています。

レッドオニオンには、ケルセチンへと同様に抗酸化力が強いβ−カロテンも
含まれます。こちらも積極的に活用を。

その他 コレステロール 下げる 食品