ウーロン茶ポリフェノールがすごい!!

半発酵で作られることでポリフェノールが多くなる。

中国茶は発酵のしかたによって6種類に分けられます。半発酵によって作られるお茶を「青茶」といい、青茶の代表的なお茶が、おなじみのウーロン茶です。

ウーロン茶は半発酵で作られることでポリフェノールが多くなり、その成分が作用しあって、さまざまな効能をもたらすと考えられています。なかでも注目したいのが、コレステロールなどの脂質を排泄する作用です。

ウーロン茶ポリフェノールはカテキンの集合体であり、比較的大きな分子量構造を持っているため、小腸から吸収されにくい性質があります。また、脂質とくっつく性質があるため、小腸にコレステロールが入ってくると、それをからめとり、便として排泄するよう働きます。

加えて、食品中の中性脂肪は摂取されたあと、胆汁と消化酵素リパーゼの働きで分解され、小腸に吸収されますが、ウーロン茶ポリフェノールは、胆汁が作用する前に中性脂肪をからめとり、その排泄を促すとされます。

よって、ウーロン茶を飲むと、余分なコレステロールや中性脂肪が体外に排出されやすくなり、ダイエット効果も期待できます。  

ただし、ウーロン茶が、余分な脂質すべてを排泄してくれるわけではないので、脂質をとり過ぎないようにしつつ、ウーロン茶の効果を試したいものです。

LDLコレステロールの酸化を防ぐ

さらに、ヒトの血液から抽出したLDLコレステロールにウーロン茶ポリフェノール
を加えると、LDLの酸化までの時間が遅くなったという実験データもあります。

これは、ウーロン茶ポリフェノールの強い抗酸化作用のひとつで、ウーロン茶の飲用は、脂質の排泄促進に加え、動脈硬化の原因となる酸化LDLの増加を抑える効果ももたらしてくれます。
 
また、ウーロン茶ポリフェノールには、小腸でのブドウ糖の吸収を抑える作用もあり、食後血糖値の上昇も抑えます。高コレステロールの人は、高血糖を併発する場合も多いので、ウーロン茶を食事中や食後に飲むと、両面の効果を期待できるでしょう。

加えて、ウーロン茶に含まれる成分テアニンは、副交感神経を刺激してリラックス感を高め、ストレス解消にも効果があるとされます。
 
近年は、さまざまなペットボトル入りウーロン茶が発売されていますが、香りの高さと深い味わいを楽しむなら、茶菓から自分でいれて飲むのがおすすめです。

日本で入手しやすいウーロン茶には、苦味と甘味が調和した鉄観音茶、花のような芳香を持ち爽やかな味わいの凍頂ウーロン茶、まろやかな味と香りの高山茶などがあります。

いれる際は、高温の湯(100℃近く)を用いると、成分や香りをよく抽出できます。また、中国茶の一種である黒茶 (プーアール茶など) にも、コレステロール
や中性脂肪を減らす働きがあり、体脂肪を燃焼させる効果があるとされます。