食べ物 栄養 効能
     
食べ物 効能

肉や野菜、魚などたくさんの食べ物があり、さまざまな効能があります。
最近は、サプリなどがあり栄養成分だけを摂取する方法も増えてきましたが 栄養成分同士がさまざまな関係性をもっていることが多く、できる限り自然の食べ物から栄養成分を得て、効能を受けた方が良いといえます。 サプリメントは、手軽に摂取できる反面取り過ぎる危険性があります。

食べ物で摂取する場合には、その危険性は少なくなります。
食べ物には、旬があり旬の食べ物には、栄養価が高く効能も高いといえます。
また、食べ物には食べ合わせなどがありその食べ合わせは、ただ美味しいからだけでは なく、実はその食べ合わせはより効能を得る方法であったりする場合が良くあります。

むかしから食べられている食べ方などにそれがよくあります。 毎日摂取する食べ物ですから
美味しく食べて、自分が不足している健康面の効能で補足できるとうれしいですね。
そのためには、少し知識を習得しておくと役立つことがあります。 同じ野菜でも栄養成分が異なり、それによって効能も変ってきます。 野菜であれば色などで効能や栄養成分がわかる場合もあります。

サラダなどは、色取りを気にしたりしますが、それは間違いではないのです。
淡色野菜はビタミンCを多く含み、 緑黄色野菜はビタミンCとミネラル以外に、カロテノイド類と
いう色素を特に多く含み、抗酸化作用があります。淡色野菜は大根や白菜などのほか
、きゅうりやなすなと表面の色が濃くても中の色が淡いもの。淡色野菜はカロテンが少なくビタミンCやミネラルが多く含まれます。色取りを行っているうちに実は栄養のバランスもとっているのです。

そのようなことを知っておくと、自然にバランスのよい食事をえることができます。  



野菜 効能
あしたば/ オクラ/ かぼちゃ/ グリーンアスパラガス/ 小松菜/ さやいんげん/ しそ/ トマト/ にら/
にんじん/ ピーマン/ ブロッコリー/ モロヘイヤ/カリフラワー /キャベツ/ごぼう/セロリ /大根/ねぎ/なす/もやし/しょうが/にんにく /とうがらし/ハーブ/しいたけ/さつまいも /じゃがいも/やまいも/こんにゃく/
乳製品 効能
牛乳 / ヨーグルト/ チーズ/
魚介 効能
アジ/うなぎ/ ドジョウ / カツオ / /ジャコ
ブリ/イカ、エビ・タコ/カキ/アサリ・シジミ ハマグリ/ホタテ 鶏卵
果実 効能
いちご/キウイフルーツ//バナナ/ブルーベリー/ プルーン/ぶどう/りんご/みかん/
レモン/オレンジ/グレープフルーツ/
その他 効能
ごま/ナッツ/ 玄米/胚芽精米/そば//植物油/ はちみつ/緑茶/赤ワイン/ココア/牛肉
/レバー/大豆/納豆/ わかめ/うめぼし/