食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

アミノ酸の種類と働き

たんぱく質を構成する最小サイズの成分がアミノ酸。アミノ酸が多数結合するとたんぱく質になります。アミノ酸にはそれぞれ独自の働きがあり、サプリメントなどでも利用されています。

たんばく質の構成成分で組みせ次第で変幻自在

 アミノ酸は炭素、水素、酸素、窒素などが結びついたもので、構造上、アミノ基とカルボキシル基をもっているのが特徴です。自然界には数百種類あるといわれていますが、ヒトの体のたんぱく質になるのはわずか20種類しかありません。アミノ酸は結合しやすい成分で、これらが複雑に結合してさまざまな形のたんぱく質になります。この20種類のうち、8種類(幼児は9種類)は、体内で合成されません。そのため食品からとる必要があり、これらを「必須アミノ酸」と称します。必須アミノ酸のバランスで、そのたんぱく質の「質」が決まります。

筋力強化や疲労回復など独自の働きが注目の的に

アミノ酸は、たんぱく質の合成成分として働くほか、それぞれ固有の働きがあります。最近はサプリメントや化粧品、ドリンク剤などにも使用され、疲労回復や運動時のエネルギー補給、筋力増強、肌の保湿効果などが注目されています。

アミノ酸は通常の食事では不足を起こさない

アミノ酸は、通常の食生活を送っていれば、不足する心配はありません。しかし、サプリメントなどで特定のアミノ酸ばかりを過剰に摂取したりすると、免疫力が落ちたり、肝機能障害を起こしたりすることがあるので、注意が必要です。 ヒトのたんぱく質はたった20種類ほどのアミノ酸が複雑に統合してできています。組み合わせ方でさまざまな形になることができるのがアミノ酸の特徴です。 ヒトのたんぱく質を構成する主なアミノ酸

必須アミノ酸

イソロイシン
神経の働きを助けたり、筋肉を強化したりします。
ロイシン
肝臓の機能を高め、筋肉を強化します。
リジン
成長を促し、組織の修復に必要です。抗体などの材料にもなります。
メチオニン
解毒作用や抗腫瘍作用があります。
フェニルアラニン
ドーパミンなどの材料になり、血圧を上昇させます。
スレオニン
成長に欠かせないアミノ酸です。
トリプトンファン
神経伝達物質になる。鎮痛作用があり、免疫力を高めます。
パリン
成長を促して、筋肉を強化します。
ヒスチジン
幼児の発育に必要で、神経機能を補助します。
ヘモグロビンの材料になり、解毒作用もあります。

非必須アミノ酸

肝臓のエネルギー源になります。
アラニン
生体膜の材料になるリン脂質などの材料になります。
セリン
エネルギー代謝を促すので疲労回復効果があります。
アスパラギン酸
脳や神経の働きを助け、疲労回復効果もあります。 グルタミン酸 胃腸や筋肉の機能を保ち、ストレスに抵抗します。
アルギニン
成長ホルモンを合成し、体脂肪の代謝を促します。
システイン
メラニン色素の産生を抑える働きがあります。
チロシン
アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の材料になります。

スリーとに人気のBCAAの正体はアミノ酸

スポーツ飲料などに含まれているBCAAは、イソロイシン、ロイシン、ノい」ンの3つの必須アミノ酸のこと。 構造の特徴から、BranchedChain Amno Acid(分岐鎖アミノ酸)といわれ、その頭文字をとって旧CAA」と呼ばれています。 これらは筋肉に多いアミノ酸で、摂取すると筋力増強効果があります。運動中はエネルギー源になり、疲労回復にも有効なため、アスリートに最適。ただし、ひとつの成分をとりすぎると体重低下などを招くので、バランスよくとることが大切です。

その他 栄養素 一覧