食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ビオチン

皮膚や髪の毛を健康に保つ働きのあるビタミンB群の一種
ビオチンは、腸内細菌によってつくられるビタミンで、ビタミンB群の一種です。3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質がエネルギ1に変わるときの代謝に深くかかわっています。特に、糖質が代謝を行うときに欠かせない、ピルビン酸カルボキシラーゼの補酵素として働きます。  皮膚や毛髪を健康に保つ働きがあり、アトピー性皮膚炎などを改善するのではないかと考えられています。

食品成分の特徴

卵白が吸収を阻害する

ビオチンは卵に含まれていますが、生の卵白をとりすざると、卵白に含まれているたんぱく質が、ビオチンの吸収を阻害して欠乏症を招いてしまう恐れがあります。卵白のみを多量にとりすぎるのは控えましょう。

普段の食事で十分とれる

微量ですが、さまざまな食品に含まれ、バランスのよい食事をとっていれば充分満たされます。また、腸内細菌によって体内でも合成されます。

消化吸収

熱につよい

ビオチンはビタミンB群の中では、比較的安定している栄養素です。 加熱での損失はあり誅せん。

偏食で不足する

多くの食品に含まれるので、通常の食事で不足はしませんが、極端な偏食で不定することが。

体内のおける働き

働き

ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、皮膚や毛髪の健康維持に役立ちますが、その詳しいメカニズムなどについてはまだわかっていません。 皮膚炎の予防 毛髪の健康維持 代替のサポート 皮膚炎の予防から発見されたビタミン

欠乏症

ビオチンが欠乏すると、皮膚炎や脱毛などの症状が現れます。各種の食品に含まれているため、通常の食事をしていれば不足することはありません。

とりすぎると

ビオチンは魚やレバー、卵、豆、野菜と幅広い種類の食品 に含まれていますが、その量はごくわずかなので、とりすぎによる過剰症は今のところ報告されていません。

多く含む食品

レバー
イワシ
くるみなどのナッツ類
カリフラワー
ほうれん草
玉ねぎ
クレープフルーツ
バナナ

その他 栄養素 一覧