食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ビタミンA

皮膚や目を守り、感染症やがんを防ぎます。

皮膚や目、鼻、口腔などの上皮細胞の分化にかかわり、これらの組織を正常に保ちます。視力を守り、感染症を防止。脂溶性ビタミンのひとつで、蓄積して過剰症を起こすため、成人は3000聖子どもは600〜2550相が1日の上限です。  植物性のβ−カロテンには抗酸化作用があり、老化や動脈硬化に対抗する成分として期待されています。

食品成分の特徴

レチノールとカロテン

ビタミンAには、動物性食品に含まれるレチノールと植物性食品に含まれるカロテン(α、β、γ、クリプトキサンチン)とがあります。カロテンは必要なときだけ体内でビタミンAに変換します。

カロテンには独自の働きも

カロテンにはビタミンAとしての働きのほかに、強い抗酸化作用があり、動脈硬化や老化を防止する成分として注目されています。緑費色野菜に多く、フィトケミカルの代表的な成分です。

消化吸収

肉・魚・野菜をバランスよく

体内でビタミンAに変わるカロテンはプロビタミンAとよばれます。 動植物食品をバランスよく。

油と一緒に摂取

カロテンは吸収されにくい成分。油に瀞すると吸収がよくなるので油脂とともにとりまじょう。

体内のおける働き

働き

粘膜や皮膚を健康に保ち、網膜で光を感じる物質の成分として視力を守ります。抗がん作用もあると考えられています。 皮膚の健康維持 粘膜の健康維持 目の健康を守る 抗がん作用 粘膜と目を守るビタミン

欠乏症

暗いところで視力がきかなくなります(夜盲症)。粘膜や皮 膚が乾燥し、そこからウイルスや細菌に感染しやすくなります。がんの抑制効果や免疫力が低下します。子どもの場合は成長障害に。

とりすぎると

ビタミンAは脂溶性で体内に蓄積されるため、サプリメン トなどでとりすぎると頭痛や吐き気、発疹などの過剰症を起こします。 妊娠初期は胎児に影響が出ることもあるため特に注意が必要です。

多く含む食品

100g中 μg
鶏レバー  14000
豚レバー 11300
焼きのり  2300
ウナギのかば焼き 1500
ゆでホタルイカ  1900
銀タラ    1100
蒸しアナコ   890
モロヘイヤ   840
にんじん   760

その他 栄養素 一覧