食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ビタミンB6

たんぱく質をつくるビタミン。皮膚や神経を正常に保ちます

ビタミン説は、食事からとり入れたたんぱく質をアミノ酸に分解し、体に必要なたんぱく質に再合成するのに不可欠で、健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を促進します。セロトニン、ドーパミン、アドレナリン、?アミノ酪酸などの神経伝達物質の合成にも必要な成分です。

食品成分の特徴

鮮度のより魚や肉で

また、免疫機能を正常に維持したり、脂質の代謝をサポートし、肝臓に脂肪がたまるのを防いだりする働きもあります。魚や肉などの動物性食品に多く含まれます。冷凍食品や加工品では、ビタミンB6は減少して含有量が少なくなるので、鮮度のよい魚や肉を選ぶようにしましょう。

ビタミンB6は光に弱く酸化しやすい

ビタミンB6によって減少してしまいます。敗を防ぎ、保存方法や調理による損失を防ぐためにも、食品を購入したらすぐに冷蔵庫や暗所に入れて保存するようにしましょう。

消化吸収

動物性食品を優先

豆類や穀類、野菜など植物性食品にも蔑まれますが、体内での利用率嫁動物性食品の豚うが高率です。

煮物は煮汁ごと

水溶性ビタミンなので、調理の蝶は、スープや煮物にして汁も一緒に食べるようくふうししましょう。

体内のおける効能

ビタミンB6の効能

たんぱく質代謝の要です。体に必要なたんぱく質の再合成に働き、脂質の代謝にも重要な役割を果たします。皮膚炎予防や神経安定にも。 健康維持 抗アレルギー 肌荒れ予防 神経安定 皮膚や紙、歯の健康維持に有効

ビタミンB6の欠乏症

主に神経系統や皮膚細胞に障害が生じやすくなります。違動・睡眠中のけいれんや手足のしびれ、情緒不安定、目・鼻・口の周りの皮膚炎、にきび、ふきでもの、貧血などを起こしやすくなります。

ビタミンB6をとりすぎると

水溶性にもかかわらず、食事摂取基準で1日 60mgどの上限量が設けられているように、200〜500mgもの大量摂取をすると感覚神経障害などを起こす恐れがあります。

ビタミンB6を多く含む食品
100g中のビタミンB6量 mg
にんにく 1.5
ピスタチオ 1.22
ミナミマグロ赤み 1.08
午レバー   0.76
カツオ      0.78
イワシ丸干し 0.69
鶏ひき肉   0.68
サケ   0.64
いりごま 0.64


その他 栄養素 一覧