食べ物 栄養 効能
     
栄養素 働き

ビタミンE

細胞膜の酸化を抑えて有害な過酸化脂質を防ぎます。

別名はトコフェロールで、α・β・γ・∂の4つのタイプがあります。 その中でもα−トコフェノールが最も生理活性が強く、体内でも優先的に使われます。 強い抗酸化パワーをもつビタミンで、細胞の老化を防ぐことから、老化防止や生活習慣病の予防効果が期待されています。

食品成分の特徴

外界ストレスから身を守る成分

植物も、紫外線や寒さなどのストレスによって酸化現象が起こるため、抗酸化パワーのあるビタミンE・C、カロテンなどを自力で増やさないと生存できません。この抗酸化パワーが人体でも役立ちます。不飽和脂肪酸が多く、酸化しやすい細胞膜を守っています。

保存は冷暗所

アーモンドなどの種実類、植物油、魚介類、かぼちゃなどに多く含まれていますが、脂溶性で非常に酸化されやすいため、冷暗所に保存しましょう。

消化吸収

他の抗酸化成分とともに

β功ロテン、ビタミンCなどの抗酸化作用のある成分とともにとると、より弓凱1効果を発揮します。

酸化に注意

植物油に多く含茨的ますが 古いものは酸化しそ逆に過酸化脂質が増えているので要注意です。

体内のおける働き

働き

過酸化脂質を分解して、細胞を活性酸素から守ります。老化予防や動脈硬化予防に有効です。また、ホルモンの生成や分泌にかかわったり、血行をよくしたりする働きもあります。 抗酸化作用 動脈硬化防止 老化予防 血行改善

強力な抗酸化作用が働く

活性酸素の害を受けやすくなります。乳幼児の場合は赤血 球が弱くなり、溶血性貧血になります。大人の場合は、まれに、感覚障害などの神経障害を起こすことがあります。

とりすぎると

ビタミンEは脂溶性ですが、明らかな過剰症は認められて いません。過剰にとり続けていると軽度の肝障害を起こすという報告も。

多く含む食品
100g中 mg
アーモンド 31.2
綿実油    31.1
サフラワー油 27.6
アンきも  13.8
ピーナッツ  10.9
イクラ    9.1
素干し桜エビ 7.2
辛子明太   6.5
かぼちゃ   5.1

その他 栄養素 一覧 /美容 食べ物